「シミ・シワ・ほうれい線」などのエイジングケアにおすすめの人気化粧品5選

「シミ・シワ・ほうれい線」などのエイジングケアにおすすめの人気化粧品5選

「シミ・シワ・ほうれい線」などのエイジングケアができる化粧品って、結局どれがいいのかなかなか見つからなぁという方が意外と多いなぁと最近思い、今回はエイジングケアにおすすめの化粧品を厳選して4つご紹介いたします。
スキンケアの種類がいっぱいありすぎて、どれが本当におすすめなのかって意外に分かりづらいですよね。
どういうポイントでエイジングケア商品を選んだらいいのかなども合わせて紹介させていただきますので、エイジングケアを考えている方は参考にしていただければと思います。

エイジングケアはいつから始める?

エイジングケアはいつから始める?
エイジングケアを最近始めた方も、エイジングサインが気になった方も、そもそもエイジングケアって、いつから始めたらいいと思いますか?
実は‥25歳くらいから始めるのがベストなんです!

しかし、エイジングサインが気になるタイミングは人によって様々ですよね。
そのため、なかなか25歳から始めているという人は少ないと思います。
なので、将来の自分の肌が心配だったり美容に関して意識の高い方は25歳からエイジングケアを始めましょう。
エイジングケアできているか実感がなかなかわかないかもしれませんが、将来きっと周りとの差を感じられる日が来るでしょう。

25歳以上の方も、せめて30歳前後で始めるのがおすすめです。
もしあなたが40代だったり50代だったとしても、エイジングケアを始めるのに遅すぎるということはありません。
できるだけ早めにエイジングケアを取り入れて、将来の自分の肌に自信が持てるように今からケアをしていきましょう。
何もせずに放置していては肌はどんどん老化していき、周りとの差がどんどん出て実年齢よりも老けて見えることもしばしば。
手遅れだからと決してあきらめないでくださいね!

では、そんなエイジングケアにおすすめの化粧品はどのようなものがあるのかを紹介したいと思います。
エイジングケアにおすすめのスキンケアを4つ厳選しました。
スキンケアの紹介の次にエイジングケア化粧品はどんなものがいいのか?どうやって見極めていくかも紹介していますので、興味がある方はおすすめスキンケアの後も読んでみてくださいね♪

エイジングケアにおすすめの化粧品4選

エイジングケアにおすすめのスキンケアを4つご紹介します。
実際に使用してみたことのあるものは使用感を掲載していますので、参考にしていただければと思います。

1.DECENCIA アヤナス

敏感肌のためにスキンケアを開発しているDECENCIA化粧品。 20代〜50代まで幅広い年代に人気があります。 刺激が気になる方や初めてのエイジングケアに取り組む方向けです。
アヤナス クリーム コンセントレート

よりアイジングケアに力を入れたい方は、クリームの導入も検討してみましょう。
エイジングケアに大切なハリ・弾力のケアにアヤナスクリームはおすすめです。
美容ブランドの技術がたっぷり詰め込まれたクリームでワンランク上のスキンケアを。
特許技術『ヴァイタサイクルヴェール』がエイジングケアに大切な乾燥から肌を守り、バリア機能をサポートして、美肌へと導きます。

2.RED B.A

頬を引き上げる「張力コラーゲン構造」に着目した本格エイジングケア 20代〜50代までこちらも幅広い年代に人気です。
RED B.Aを実際に使用してみたレビューはこちらをご参考ください。
POLAのRED B.Aモイスチャースターターセットを実際に使ってみた口コミ

POLAのRED B.Aモイスチャースターターセットを実際に使ってみた口コミ

2018.2.12

3.ドレスリフト

ふっくらなハリとしなやかなハリを目指すために独自原料をたっぷり配合。
変化が気になる肌にハリ感を与え年齢を自信に変えるハリケアスキンケア。

3.アスタリフト ホワイト

富士フイルム独自のナノユニット技術で極小化した「ナノAMA」で透明感あふれる肌へ導きます。
保湿やハリにこだわるアスタリフトシリーズの主成分も配合されており、ハリと潤い、そして美白ケアもできるエイジング化粧品です。

 

アスタリフト ジェリー アクアリスタ

「肌がたべるジェリー」で話題の「ジェリーアクアリスタ」。
赤く透明に輝く、新感覚ジェリー状の“先行”美容液で まっさら素肌にセラミドのごちそうを!うるおいが持続する肌へ導きます。

4.b.glen

独自の浸透テクノロジー『QuSome』で様々な肌トラブルにアプローチする化粧品 30代後半〜40代に人気があります。
今回はエイジングケアにおすすめのスキンケアなので、エイジングケアのスキンケアトライアルを紹介しましたが、b.glenでは様々な肌トラブルに対応できるスキンケアが用意されています。
エイジングケア以外の悩みにアプローチしてみたい方や、エイジングケアでもほうれい線ケアを一番にしたいという方など、悩みにフォーカスしたトライアルを試せますので、気になる方はチェックしてみてください。
b.glenのその他トライアルの詳しい情報はこちら

手軽なものがいい人はオールインワンでエイジングケア

トリニティーライン

トリニティーライン

化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地の5つの役割が1本になった、年齢肌のためのオールインワンジェル。
セラミドをたっぷり補うために、美容成分が高濃度に配合されています。

エイジングケア化粧品の使い方

エイジングケア化粧品の使い方
エイジングケア化粧品を使って、各スキンケアの特徴を実感するためにも、ちょっとだけ使い方のコツを紹介したいと思います。
この使い方は、普段のスキンケアの使い方にも当てはまるものなので、エイジングケア化粧水だけでなく、今日からでも初めてほしい使い方です。

スキンケアのコツ

スキンケアを使う時の一番のコツですが、何も難しいことはありません。
ただ、ハンドプレスを行うだけ!
皆さんは普段のスキンケアの際、ハンドプレスをしていますか?
エイジングサインの原因に肌刺激があげられますが、化粧水などをペチペチ叩きながら行なう行為は実はエイジングサインの原因になるんです。

そこで覚えてほしいのが「ハンドプレス」

化粧水などを肌にいきわたらせたい一心でペチペチたたくのではなく、化粧水を適量手に取ったら、優しく肌全体に塗り、手で肌を抑える「ハンドプレス」をしましょう!
せっかちな方は、ちょっと面倒に感じるかもしれませんがここで肌に差が出ますので、30秒〜1分くらいじっくりとおこないましょう。

エイジングケア化粧品はライン使い?

エイジングケア化粧品は、特にライン使いじゃないと絶対にダメ!ということはありません。
しかし、スキンケアには化粧水や乳液、クリームなど、水がベースのものと油分がベースのものとありますので、そのベースに対して溶け込む美容成分は異なります。

エイジングケア用に開発されているスキンケアは、それぞれのベースに適した美容成分を配合して、特徴を生かせる作りになっているので、ケアを続けることで肌に実感できるような工夫がされています。

エイジングケアにおすすめの成分などをこの後紹介していきますが、エイジングケアに取り入れたい成分が入ったものをそれぞれのブランドで揃えられる方は、ライン使いする必要はありませんが、いちいち商品を見ながら成分を確認して、必要なものを揃えていくのはなかなか面倒です。
であれば、初めからライン使いする方が楽ではあります。

しかし、ライン使いで揃えると続けるためのコストが気になる‥という方もいますよね。
そんな方は「美容液」「クリーム」は同じブランドのもので多少お金を出して使用できるものを使い、「化粧水」や「洗顔」、「クレンジング」などは、気軽に使えるものを揃えるといいと思います。
お金をかけるべき順番を覚えておくと、スキンケアを揃えるときに役に立ちますよ。

お金をかけるべき順番
美容液→クリーム→化粧水→クレンジング

では次に、エイジングケアにおすすめの化粧品の見分け方や成分、エイジングサインが起こる原因などを紹介していきます。
エイジングケア化粧品でケアをしているんだけど‥なんだかイマイチ。。なんていう方は、エイジングケアに必要なことを知っておくと、これからのケアも変わってくると思いますので、そんな方は最後までしっかり読んでいただくと参考になると思います!

エイジングケアにおすすめの化粧品とは

エイジングケアにおすすめの化粧品とは
エイジングケアにおすすめの化粧品は「本物の美白化粧品」であることと「抗酸化化粧品」であること。
※美白:メラニンの生成を朝え、シミ・そばかすを防ぐ

本物の美白化粧品を使う理由

美白ケア化粧品は、シミ対策やシミができる前の予防としてスキンケアに取り入れます。
ただし、選ぶのは本物を。

抗酸化化粧品を使う理由

紫外線やストレスからのダメージで発生した活性酸素を除去し、肌老化を防いでくれる抗酸化化粧品があることはあまり知られていません。
エイジングケアを考えているのであれば、抗酸化成分の配合されている化粧品を選びましょう。

エイジングケア化粧品は、選び方を知っているか知らないかで、将来の自分の肌に差が出てきます!
年齢を重ねても生き生きとした若々しい肌でいたい方は、選ぶポイントをしっかりとおさえておきましょう。
将来、まわりの人から羨ましがられる美肌を目指しちゃいましょう♪

エイジングケアのための成分

エイジングケアのために取り入れたい成分が次の2つ

  • セラミド
  • 潤いサポート成分

セラミド

水分をはさみ込む性質を持っている保湿成分のセラミドは乾燥から肌を守り、エイジングケアには欠かせないものです。
その他にも水分を抱え込むタイプの保湿成分「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」も保湿ケアにはおすすめの成分です。

潤いサポート成分

シワ対策のエイジングケアには肌のコラーゲンをサポートするための潤いサポート成分を与えましょう。
その成分が次の3つ

潤いサポート成分

  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシン(ビタミンB3)
  • レチノール

エイジングサインの「原因」

エイジングサインの「原因」になるものは主に4つあります。

  • 紫外線
  • 活性酸素
  • 慢性的な炎症(肌への刺激)
  • ターンオーバー

なぜこの4つが原因になるのか、1つずつ詳しく紹介していきます。

紫外線

紫外線は肌老化の最大の敵です!
シミ・シワ・たるみなど、肌老化の元凶なんです。

しかも、紫外線ダメージは日々溜まっていくというのはご存知ですか?
溜まった紫外線ダメージがあるレベルに達すると、シミなどの目に見える肌老化へと変化していくんです。
そのため、紫外線対策は1年中必須なんです。

活性酸素

活性酸素は、実は呼吸するだけでも発生します。
しかし、20代や30代を迎えると活性酸素がたくさん生み出され、抗酸化力が低下してくる30代以降は活性酸素を取り除くのが追いつかなくなり、肌老化へとどんどん追い込まれます。

なぜ20代、30代で活性酸素がたくさん生み出されるのかというと、その原因は次の4つ。

  • ストレス
  • タバコ
  • 紫外線
  • 食生活

20代から社会へ出て、ストレスが増えたり食生活が変わることで体の中の活性酸素を取り除くのが追いつかなくなっていきます。
30代からは責任ある仕事を任されたり、家庭を持ったりするのでまたまた肌老化が進む原因が増えてくるわけです。
そのため、体の抗酸化力を高める努力が必要になります。

この活性酸素の対策をスキンケアで補うために「抗酸化成分」が配合された抗酸化化粧品が必要になってくるんです。

慢性的な炎症(肌への刺激)

エイジングケア化粧品を使い時のコツで少し紹介しましたが、化粧品を肌にオンするときに、たたいたりこすったりという行為も肌刺激になります。

「たたく」「こする」「ひっぱる」などの刺激や、「合わない化粧品」などからのダメージはすべて肌の炎症を起こす原因になります。
この炎症がシミ・シワなどの肌老化へと変化していきます。

慢性的な炎症は、これらの影響で肌に刺激を常に与えて炎症が続いている状態のことをさします。
まだ年齢的にも大丈夫!と思って、肌をゴシゴシしたり、強い刺激を与えていると炎症につながってしまいますので、どうか将来の肌のためにも優しくケアをすることを忘れないようにしてください。

将来、エイジングサインに悩む肌になるより、生き生きとした美肌になるために、今日から肌をいたわり、優しくケアをすることを始めましょう!

巡りが悪くターンオーバーに影響

ターンオーバー
血行が悪くなり、体の巡りが悪くなると皮膚に酸素や栄養が届きにくくなります。
そのため、ターンオーバーが阻害され、ターンオーバーが遅くなると古い角質がたまって、角層が厚くなることで「くすみ」や「シワ」の原因になります。

加齢とともに血管が老化するので血行が悪くなってしまうのは仕方のないことですが、それ以外にも原因があります。

血行を悪くする原因

  • 運動不足
  • 喫煙
  • 不規則な生活
  • 冷え

エイジングケアに力を入れたい方は、加齢以外の体の巡りを悪くしている4つの原因の対策が必要です。
血行が悪いのはなんとなくいいことじゃない気はするんだけど…と思っているだけで行動に起こさないでいると、いつまでたっても肌老化にストップはかけられません。

体を冷やさないようにしたり、少し運動をしてみたり、生活リズムを整えてみたりと、何か改善できることから少しずつ変えてみてくださいね。

よりケアしたいなら「表情筋エクササイズ」はSTOP!

よりケアしたいなら「表情筋エクササイズ」はSTOP!
ほうれい線が気になりだしたから表情筋エクササイズが良いって聞いてやってみてるの♪なんていう会話を耳にすることがありますが、それ、絶対ストップです!!

エイジングサインが気になりだして、顔のエクササイズを始めよう!と思うのは大変良いことなのですが、表情筋エクササイズはNGです!
表情筋エクササイズは《表情ジワ》を深く刻んでします恐れがありますので、エイジングケアとしてやっている方は今すぐにやめましょう。

もし顔のエクササイズを取り入れるのであれば方法は2つ。

  • 器具を使う筋トレ
  • 舌ぐるぐる体操

このどちらか2つの方法でトレーニングするのがおすすめです。
顔の筋肉を鍛える器具を使ってのトレーニングであればシワを深くする心配もありませんのでおすすめです。
ちなみに今は、こんな器具が販売されていて人気のようですよ。

もう1つは「舌ぐるぐる体操」。
口を閉じた状態で口の中を舌でぐるぐるしてトレーニングする方法です。

舌ぐるぐる体操
  1. 口を閉じたまま、上あごを舌で前後になぞります。
    舌の奥の筋肉を使うイメージでおこなっていきましょう。
  2. 頬を同様に舌を動かしながら押していきましょう。
    皮膚を伸ばすというより、頬やあごまわりの筋肉を鍛えるイメージでおこないます。

顔のエクササイズをおこないたい方は、2つのうちどちらか自分に合う方法で取り入れてみてくださいね。

スキンケア以外の「+エイジングケア」

スキンケア以外の「+エイジングケア」
エイジング化粧品でケアをおこなう以外にも、日頃からスキンケア以外の方法もプラスしてケアをおこなっていくことで、肌老化にストップをかけていきましょう。

エイジングサインの原因を考えると、今からでも取り入れてほしい「プラスケア」は次の2点。

  • 紫外線対策
  • 食生活

やっぱり肌老化のほとんどの原因である紫外線の対策は1番にプラスケアとしてはじめてほしいです。
その次に、体の内側からもアプローチをするために食生活も改善していきましょう。

紫外線対策

紫外線対策は1年中おこなってほしいケアです。
美白成分の配合されたスキンケアを使うほか、日焼け止めを塗ったりUVカットのできるファンデーションやフェイスパウダーなどの紫外線対策ができるコスメを取り入れてみましょう。

おすすめの紫外線対策

BBクリーム

アヤナス BBクリーム

アヤナスBBクリーム※販売終了
敏感肌の方に向けて商品開発をしている商品なので、敏感肌の人でも安心して使用できるBBクリームです。 エイジングケアに気を遣っている人のもおすすめ。

Attenir(アテニア) BBクリーム

アテニア BBクリーム

カラーは2色ですが、使いやすい色味。くすみの悩みもあり、肌を明るく見せたい!という方にはこちらがおすすめです。

化粧下地

アテニア スキンレタッチャー

アテニア スキンレタッチャー

オイルロック機能が皮脂を吸着し、汗や皮脂によるメイクヨレなんかを防いでくれる化粧下地です。
SPF25/PA+++なので、紫外線対策にもおすすめです。

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

資生堂 マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

肌の水分バランスと皮脂をコントロールする美肌センサー化粧下地。 さらっとした肌で1日を過ごしたい方にはコレ。

フェイスパウダー

リンメル CC パウダー

リンメル CC パウダー エアリーフィニッシュ プレストハイカバー SPF20・PA++

しっかりカバーするのに、ふわふわな透明感が続く。毛穴・くすみカバー、テカリ・ヨレ防止、保湿感もキープできる優れもの。
”塗っている感”がなく、つけ心地がいいのも特徴的。軽いつけ心地で美肌に大変身でき、ファンデいらずです。

カバーマーク シルキー ルースパウダー

カバーマーク シルキー ルースパウダー

ふわっと肌にのせるだけで毛穴、キメの乱れをカモフラージュし、ほんのりツヤが出て、上品な仕上がりになります。

日焼け止めを塗って、化粧下地を塗って、BBクリームも塗るなんていう人は、なかなかいないと思いますが、もしやっている方がいたら塗るものが多すぎます;
化粧崩れしたり、厚塗りの原因になりますので何かアイテムを減らしましょう。

どうしたら良いの?という方は、BBクリームが実は一番おすすめで、「仕上げにパウダーをのせる」という方法が、メイクでは多いと思いますので、その方法を試してみてはいかがでしょうか?

乾燥肌の方は美容液を塗った後にフェイスパウダーで仕上げる方法もありますし、化粧下地で皮脂コントロールをしたい方も多いはず。
自分の肌にあったものを選んで紫外線対策してくださねい。

食生活

エイジングケアにプラスで取り入れたいものが「食生活」の改善です。
しかしすぐに食生活を変えろと言われても、時間がない方はなかなか難しいですよね。
そこで、簡単に食生活の改善が見込めるものを取り入れてみてはいかがでしょうか?
その手軽なものというのは「酵素ドリンク」
朝食を酵素ドリンクに置き換えてみたり、食事をする際に一緒に飲んだりと飲み方は様々ですが、酵素ドリンクであれば手軽に栄養がとれるのでおすすめです。
ダイエットにもおすすめですし、何より肌に良いとされる栄養がたっぷり入っていますので、食生活の改善に悩んでいる方は取り入れてみてはいかがでしょうか?

いくつか酵素ドリンクは飲んでみたことがあるのですが、その中でもおすすめのものを紹介しますので、よかったら参考にしてみてください。

実際に飲んでみておすすめだった酵素ドリンク

優光泉

優光泉

断食専門家が愛発した、完全無添加の酵素ドリンク。
モンドセレクションを2年連続で受賞。ファスティングをしたい方にもおすすめです。

ベルタ酵素

ベルタ酵素

ピーチ味でかなり飲みやすいです。モンドセレクションを2年連続で受賞。
コラーゲンペプチドや馬プラセンタなど美肌に嬉しい栄養がたくさん入っています。
主にダイエット目的で人気があります。

酵素ドリンクは他にもいろんな会社から販売されていますのでお気に入りのものを見つけてください。
普段の食事から栄養をたっぷり摂取するのが理想ですが、難しい人は酵素ドリンクで体の中から肌へ栄養を与えて、美肌を目指しましょう♪

まとめ

エイジングサインが目立ってくる年齢には個人差があります。
ほうれい線が気になったり、いつのまにかシミができていたりと肌老化の悩みは歳を重ねるごとにどんどん増えていきます。

そのエイジングサインには少しでも早めのケアが大切です。
エイジングサインの原因やケアの方法、どんな化粧品を使ったら良いのかを知っていれば怖いものはありません!
将来の自分に自信が持てるようになるためにも、いつまでも自信たっぷりの笑顔で人前に立てるようにスキンケア頑張っていきましょう。

エイジングケアは25歳からがはじめどきですが、遅すぎることはありませんので諦めずに頑張りましょうね。
20代後半の方が周りにいたら「エイジングケアはじめた方がいいよ♪」と教えてあげたり、話題にしてみてくださいね。

 
エレクトーレ
「シミ・シワ・ほうれい線」などのエイジングケアにおすすめの人気化粧品5選

お気に入りをシェア