【20代で使いたい基礎化粧品8選】正しいスキンケアと20代でやっておきたいケアまとめ

【20代で使いたい基礎化粧品8選】正しいスキンケアと20代でやっておきたいケアまとめ

そろそろ本格的に始めたくなるのが20代のスキンケア。 お母さんやお姉さんのスキンケアを使っていたりしていた人も、そろそろ自分のを揃え始めたいタイミング。
また、あんまり気にしていなかったけど、将来を考えるとちゃんとしたスキンケア使ってた方がいいらしい…と、不安になる方も多い年頃ですよね。

20代の肌は10代の頃とも違いますし、メイクを毎日するようになると肌トラブルも増え、悩みが急に出始めたりもします。
そこで20代で使っておきたい基礎化粧品について今回はまとめました。
20代の肌の特徴や、おきやすい肌トラブルにどうやって対処していくのか!?という内容まで盛りだくさんです。

20代で起こりやすい肌トラブル

20代で起こりやすい肌トラブル
20代の肌は丈夫で、肌トラブルがない方も少なくありません。 メイクを毎日してお洒落をして、”女性”というものを楽しみ始める年代ですよね。
ただし、この時に丈夫だから、そんなに肌トラブル酷くないからと油断していると次のような肌トラブルをおこします。

20代の肌トラブル
  • 大人ニキビ
  • 肌の乾燥

あまり20代では意識しない「クレンジング」 このクレンジング、間違った方法で行なっていると肌トラブルをおこしやすい肌になります。
また、体型を気にしてダイエットを始める20代の女性は、栄養不足もになりがちです。
20代はとにかく無意識に取り組んでいることが、肌へ影響してしまう年代なんです。 大人ニキビや肌の乾燥についてそれぞれ、少し詳しく紹介したいと思います。

大人ニキビ

大人ニキビは20代〜40代のあらゆる肌タイプの方にできるニキビです。 大人ニキビは主にホルモンバランスの乱れが大きく影響してできます。
そのホルモンバランスを乱す原因が次の3つ。

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 食事

また、肌が乾燥することでもニキビができるので要注意です。
ダイエットを始める時期でもある20代ですが、とにかくなんでも食べれて楽しい時期です。
刺激物や糖分の摂り過ぎをしてしまう方も多いんじゃないでしょうか? おやつは別腹♪刺激物だから代謝アップに♪なんて、刺激物や糖分を食べ過ぎてしまうと、これもまたニキビを作る原因になりますので要注意です。
20代からできる大人ニキビの特徴としては《口周り》や《あご》などのフェイスラインやUゾーンにできることが多く、同じ場所に繰り返しできるケースもあり、厄介ですよ。
人前に出る機会も増える20代で鼻の下や口周りにニキビがあると、人目が気になり悩む方も多いので、ニキビができる原因になるものを避けたり、美容の敵である睡眠不足の解消など、日頃から少し意識してニキビの原因を少なくしていきましょう。

肌の乾燥

肌トラブルは乾燥からはじまります。
20代ではあまり意識しない方も多いかもしれませんが、肌が乾燥しているのを見過ごしてはいけません!
乾燥した肌はバリア機能が乱れ、さらに乾燥するという悪循環を生み出します。
この状態が続くと、次のようなトラブルを生みます。

肌が乾燥している状態が続くと‥
  • 小ジワ
  • くすみ
  • たるみ

これからの肌トラブルは20代の肌ではまだまだ遠い未来に思えますが、肌が乾燥しているのを見過ごしていると、スキンケアを日頃からしっかりとおこなっていた人と数年後比べた時、びっくりするくらい差が出てきていることでしょう。
実年齢は若いのに、なんだか見た目が実年齢より上に見えるなぁと思う方は、もしかしたらスキンケアが原因の可能性もあるかもしれませんね。

また、肌が乾燥すると肌は乾燥から守ろうと皮脂を分泌しますが、この肌が守ろうとしていることで大人ニキビができるケースがあります。
肌の乾燥は、他にもバリア機能が乱れることで敏感肌になったりと、様々な肌トラブルの要因になりますので、20代からも保湿ケアは欠かせません。
肌が乾燥している状態を作らないためにも、次のような乾燥を招く習慣をしていないか、日頃から注意してみてください。

乾燥を招く習慣
  • 日中、エアコンが効いた部屋で過ごすことが多い
  • クレンジングはオイル派
  • 洗顔後の肌はつっぱるぐらいの方が洗えている気がする
  • 食べ物の好き嫌いが多い
  • ベタつくのが嫌で、洗顔後は化粧水のみ

以上5つ、当てはまるものがある方は乾燥を招く要因を無意識に作っていますので、要注意です。

やめるのが難しいものでも、保湿ケアを忘れないようにしたり、栄養バランスのとれた食事ができるよう工夫したりと、肌が乾燥しないためにできることをしていきましょう。

20代の化粧品選びのポイント

20代の化粧品選びのポイント
20代で起こる肌トラブルがわかったところで、次に化粧品です。
メイクを楽しむようになる20代の肌に、特に多いのが間違ったクレンジングと乾燥。
大人ニキビなどの悩みも多いため、そんな20代の肌に合う基礎化粧品を選んでいきましょう。

1.肌悩みから選ぶ

まず、20代の化粧品を選ぶポイントとして考えるのが肌の悩み。
大人ニキビに悩んでいるのか、乾燥がひどくて悩んでいるのか、その他の悩みで多いのは『毛穴』や『シミ』。
自分がどの肌トラブルで悩んでいるのかで選ぶ化粧品が変わってきます。

肌悩み別で基礎化粧品を選ぶときのポイント

ニキビ
  1. ニキビ予防化粧品を使う
  2. 油分の少ないスキンケアやノンコメドジェニック化粧品を選ぶ
  3. ビタミンC誘導体を配合している化粧品を選ぶ
乾燥
  1. 洗浄力の優しいクレンジングや洗顔料を使う
  2. 保湿成分が多く配合された化粧品を使う
  3. 乳液・クリーム・オイルなどでうるおいを閉じ込める習慣をつける
  4. 集中ケアアイテムを使う(密閉効果の高いシートマスクやパックなど)
毛穴
  1. 酵素洗顔
  2. クレイ系のパックやスクラブ剤を活用する
  3. レチノール、ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、セラミドなどが配合された化粧品を選ぶ
  4. 油分が少なめでもしっかりと保湿ケアができる化粧品を使う
シミ

美白成分が配合された化粧品を使う。
※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

医薬部外品の美白成分 ()内は表示名が慣用名と違う場合の表記です

  • エナジーシグナルAMP(アデノシンーリン酸ナトリウムOT)
  • ビタミンC誘導体(アスコルビン酸)
  • リノール酸S(リノール酸)
  • アルブチン(ハイドロキノンβ-D-グルコシド)
  • エラグ酸
  • コウジ酸
  • 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
  • マグノリグナン(5.5’-ジプロピル-ビフェニル-2.2’-ジオール)
  • m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)
  • ルシノール
  • カモミラET(カミツレエキス)

2.まずは同じ化粧品ブランドをライン使い

20代の化粧品選びの2つ目のポイントは、できればライン使いをしてみること。
初めからライン使いするのはハードルが高いと思うかもしれませんが、スキンケアを意識し始めるころにライン使いしておくのはとてもいいことです。

例えばニキビのケア用に開発されているものは、ニキビケアを追求して基礎化粧品が開発されています。
そのため、20代の肌でこの化粧品いいな♪と実感するにはライン使いがおすすめ。 手軽に購入できるトライアルセットで試してみるのも◎
実感するとスキンケアの楽しさに気づいたり、肌の調子が良くて自信がついたり、オシャレが楽しくなったりと、いいことが山積みですよ。

3.使い続けられるかどうか

20代の基礎化粧品を選ぶときに考えるのが、続けられる価格なのかという点もしっかりと重視しましょう。
高いものを購入すれば、満足度も高いですし、肌への実感も感じられ、芸能人やタレントさんと同じものを使っていれば気持ちもワクワクしますよね。
しかし、スキンケアは続けないと意味がありません。

頑張った自分へのご褒美として、《スペシャルなケアを3ヶ月に1度買うようにする》など、一定の間隔で継続したご褒美を与えるというこうとあればOKです。
ただし、初めに高いものを買ってそこで満足し、そのスキンケア化粧品がなくなったらスキンケアがおろそかになってしまった…なんていうことはやめましょう。
自分の肌とは一生付き合っていく存在です。
年を重ねている自分を想像したとき、生き生きとしている肌とそうじゃない肌と、どちらがいいですか?
気になる彼や友達といるときに肌が気になって楽しめなかった…なんていう悩みを持ちたいですか?

20代の時に揃える基礎化粧品はこれから先も続けられるものにしましょう。
ただ安いだけのものでもなく、あなたにとって高すぎるものでもダメです。

20代で使いたい化粧品

20代の基礎化粧品を選ぶポイントを踏まえた上で、20代で使いたい化粧品を紹介したいと思います。
肌悩み別のおすすめは後ほど紹介しますが、こちらでは20代の基礎化粧品に悩んでいて、特に目立った肌トラブルもない方におすすめの化粧品です。

1.アフタリフト

アスタリフト モイストローション

アスタキサンチンと独自技術でナノ化したビタミンAを配合し、3種のコラーゲンにW人型ナノセラミドなど、美容成分がたっぷりと配合された化粧品。
エイジングサインが気になり始めた方に人気があり、20代にはまだ早そう?というイメージを持つかもしれませんが、そんなことはありません。
エイジングケアは25歳からというのがいまや常識。

20代から使ってももちろん大丈夫ですが、保湿ケアが十分すぎるくらいにケアができてしまう可能性がありますので、20代で使うときはニキビができやすい箇所や、皮脂が多い部分にはクリームなどの油分の多いものは避けて使用するなどの調整をした方が良さそうです。

2.ヒフミド

セラミド

肌の水分を挟み込みしっかりとキープするという特徴のあるセラミドが配合されたヒフミド。
“天然型セラミドⅡ”を配合しているから角質層に浸透しやすく、肌の水分を逃がさず長時間キャッチしてくれるのが大きな魅力です。
また小林製薬という製薬会社が作っている化粧品です。

20代で使いたい化粧品【悩み別】

20代で使いたい化粧品《悩み別》でおすすめなものをご紹介したいと思います。 いま気になっている肌の悩みがある方は、こちらで紹介しているものからトライしてみてください。
肌悩みに注目して開発されている化粧品を試してみる方が、肌への実感力が増すと思います。

ニキビケア

ニキビケアには次の2点がおすすめです。

3.ラ・ミューテ

ラ・ミューテ

4.アクポレス

アクポレス

ラ・ミューテは大人ニキビの主な原因である『女性ホルモン』に着目して開発された化粧品。
本格的に大人ニキビのケアをしたいという方向けです。
アクポレスはニキビ予防に開発された、ニキビケア化粧品です。

乾燥ケア

乾燥に悩んでいる方は、保湿ケアがしっかりとできる次の2点がおすすめです。

5.アヤナス

DECENCIA アヤナス

6.KOSE 米肌

KOSE 米肌

アヤナスは敏感肌専門ブランドDECENCIAから誕生した化粧品。
肌への刺激が気になる方でも比較的安心して使えるように開発されていますが、それでも刺激があるという方は肌の乾燥が深刻な状態かもしれませんので、同じブランドの『つつむ』という商品がより低刺激なのでおすすめです。
KOSEはCMなどでよく目にするくらい有名な化粧品ブランドです。
こちらは「ライスパワーNo.11」が配合されているのが特徴で、水分保持機能「セラミド」の力を高め、自ら潤いを作り出す肌に導きます。
どちらも保湿ケアがしっかりとできる商品です。

毛穴ケア

毛穴ケアにはレチノール、ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、セラミドなどの毛穴に有用な成分が配合された次の2つの化粧品がおすすめです。

7.シーバムコントロールVCローションⅡ

ビタミンC誘導体配合の化粧品 | シーバムコントロールVCローション

8.b.glen(ビーグレン) 毛穴ケア

b.glen(ビーグレン) 毛穴ケア

シーバムコントロールVCローションⅡには次世代のビタミンC誘導体と言われる成分が配合されています。
毛穴の開きが気になる方にはもちろんおすすめですが、そのほかにも大人ニキビのケアにもおすすめで、シミ・たるみ・くすみなどのエイジングサインへのケアも同時にできます。
b.glenの毛穴ケアは、毛穴の開き・詰まり・黒ずみ・テカリなどのケアが全てできるよう、毛穴ケアのために開発された化粧品です。
カリフォルニア発のサイエンスコスメで、独自の浸透テクノロジー『QuSome』が美容成分を肌へどんどん送り込むので実感力に定評のある化粧品です。

プチプラを探しているなら

20代の化粧品でプチプラのものを探している方は次の2点。

FANCL アクティブ コンディショニング ベーシック

FANCL アクティブ コンディショニング ベーシック

オルビス

オルビス アクアフォースマイルドウォッシュ

資生堂さんから誕生したプチプラブランドの「レシピスト」というブランドも20代前半には人気がありますので、気になる方は要チェックです。

資生堂 レシピストをレビュー!今だけの夏のお得3点セット使用してみました

2018.07.30

以上(プチプラ価格の化粧品を除く)8つの化粧品が20代で使いたい基礎化粧品8選でした。
まとめて商品を見たい方のために、20代で使いたい基礎化粧品8選をもう一度載せておきます。

20代で使いたい基礎化粧品8選

アスタリフト モイストローション
アフタリフト
セラミド
ヒフミド
ラ・ミューテ
ラ・ミューテ
アクポレス
アクポレス
DECENCIA アヤナス
DECENCIA アヤナス
KOSE 米肌
KOSE 米肌
ビタミンC誘導体配合の化粧品 | シーバムコントロールVCローション
シーバムコントロールVCローション
b.glen(ビーグレン) 毛穴ケア
b.glen(ビーグレン) 毛穴ケア

おすすめ商品を紹介したところで、次に基礎化粧品の使い方について紹介したいと思います。
実はスキンケアについて意外と『?』な疑問がたくさん頭に浮かんでいる方も少なくないんじゃないかと思いますので、そんな方は参考になると思います。

基礎化粧品の正しい使い方

基礎化粧品の正しい使い方
基礎化粧品の正しい使い方について説明していきたいと思います。
そのためにまずはじめることは、スキンケアの正しい手順を覚えることです。

正しいスキンケアの手順
  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 乳液・クリーム
  5. UVケア

基本はこの手順でスキンケアをおこなっていきます。
スキンケアは「洗う」「補う」「守る」の順番に行います。
クレンジングや洗顔でしっかりと汚れを落とし、化粧水や乳液・クリームで肌のための成分を補い、最後に紫外線から肌を守るためにUVケアをしましょう。
美容液をプラスしたい時は、「補う」の化粧水や乳液・クリームでのスキンケの際に、+αで肌悩みにあった美容液などをプラスします。

クレンジングやUVケアは朝と夜とでタイミングが違いますので、朝と夜の各ケア方法を紹介します。

朝のケア

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 乳液・クリーム
  4. UVケア

朝のケアはUVケアまでセットでおこなうように習慣づけましょう。
今から肌を老化させないように、UVケアは1年中必須です。
夏だけだったり、外出した後で塗っていた人などは、スキンケアにUVケアをプラスしましょう。
また、洗顔は毎朝おこなうのが基本ですが、乾燥がひどい方などはぬるま湯だけでもOKです。
ただし、オイリー肌(脂性肌)の方だけは、毎日朝も洗顔するようにしましょう。

夜のケア

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 乳液・クリーム
  5. しっかりと睡眠をとる

夜のケアは、メイクをしっかりと落とすことから始まります。
クレンジングで落ちなかった汚れなどを洗顔でしっかりと落とすため、クレンジングと洗顔はセットでおこなうことを忘れずに。
バリア機能を高めるために、化粧水で肌を整えたら、乳液やクリームで栄養と油分を与えましょう。
肌ダメージを修復するための成長ホルモンを活発に出すためにも、十分な睡眠をとることも夜のケアには大切なことです。

20代での美容液

化粧水や乳液・クリームの際に、美容液をプラスするという流れなのは紹介しましたが、これは肌悩みのある方だけでOKです。
基本的に肌悩みの少ない20代の肌には、美容液は特に必要ありません。
美容液を使う意味としては次の3点があげられます。

  • 保湿
  • 美白
  • エイジングケア

※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
20代の肌は丈夫なので特に必要ありませんが、30代からは必須ですので、使うなら30代からにしましょう。
また、20代の方で今使用している美容液をお持ちの方は、化粧水+美容液でのスキンケアで終わっていたらNGです!
美容液は乳液やクリームのように肌を保護できるものではありませんので、最後は乳液やクリームなどで肌を保護できるものを最後に使うことを忘れないようにしましょう!

スキンケアのワンポイント『ハンドプレス』

化粧水や美容液など、肌にオンする際に、ささっと塗ってしまっている方はもったいない!
できればハンドプレスを30〜60秒しましょう。
肌を押さえつけるのではなく、優しく手のひらで肌を包むようにするだけでOK!
ハンドプレスを習慣づけできれば、スキンケア化粧品の実感もさらに増して、より美肌を目指すことができるようになるでしょう♪

20代で重視するケアポイント

20代で重視するケアポイント
20代ではメイクが楽しくなり、どんなものでもチャレンジしてみたくなる年代です。
しかし、メイク汚れをしっかりと落としていないと何かと肌トラブルの原因になってしまいます。
そこで、20代でこだわって欲しいのが「洗う」スキンケア。
まずはクレンジングにこだわりを持ち、洗顔でしっかりと落とす!
夜遅くまで遊んで帰ってもクレンジングだけで終わらずに、必ず洗顔までセットでおこなうことを忘れないようにしましょう。
洗顔後は肌が裸の状態で守られていないため、外からの刺激を受けないように化粧水や乳液などのケアも大事ですよ。

20代ではまずはメイクの汚れを落とすことを重視するケアをしましょう。
では、クレンジングや洗顔にはどうこだわり、どうやって選ぶのかを少し簡単に紹介したいと思います。

クレンジング

クレンジングには5つ種類があります。

  • クリームタイプ
  • 乳液タイプ
  • ジェルタイプ
  • オイルタイプ
  • シートタイプ

メイクには興味を持つのが早いと思いますが、落とすものって意外と知らないことが多いですよね。
そこまでメイクが濃いわけでもないのに、オイルタイプの商品のボトルのうたい文句に誘われて使っていませんか?
オイルクレンジングは界面活性剤の配合が多いので、汚れを落とす力強いです。
ですが、必要な皮脂も一緒に落としてしまうため、肌が乾燥している人にはよくありませんので実は要注意なクレンジングなんです。
クレンジングは、メイクの濃さが選ぶのが大事です。
メイクの濃さでどのクレンジングタイプがいいかわかったら、その次は洗い上がりや肌質を考えて、どんなクレンジングがいいか絞っていきます。
自分のメイクの濃さと比較して選ぶようにしましょう。

メイクの濃さからクレンジングを選ぼう

薄めのメイク
薄めのメイク | メイクの濃さからクレンジングを選ぼう
薄めのメイクの人は《乳液タイプ》を選びましょう。
クリームタイプより油分が少なく、水に溶けやすく、洗い流しやすいのが特徴です。
濃いメイク
濃いメイク | メイクの濃さからクレンジングを選ぼう
濃いメイクの方は《オイルタイプ》を。
ただし、オイルクレンジングは肌へのダメージが大きいので、濃いメイクをした時だけ使うようにしましょう。
メイクの濃さで判断したら、洗い上がりや肌質も考慮する
肌に優しいものを使う人はこんなタイプ
肌が弱く刺激の弱いもじゃないと心配な人は《クリームタイプ》を選びましょう。
肌に優しいので普段使いにおすすめです。
洗い心地さっぱり
濃いめのメイクを毎日しているという方は、《ジェルタイプ》のものを選びましょう。
時間のない時
時間のない時や急なお泊まりなどの時には《シートタイプ》を。
ただし、シートタイプは肌への刺激が強い上に、拭き取る時の摩擦にも注意が必要なので、シートタイプを毎日のクレンジングで使用するのはNGです。

洗顔

洗顔料は様々なものがありますが、洗浄力はほとんど変わりません。
肌タイプや使いやすさで選んでいきましょう。
肌タイプがイマイチよくわからないという方は、どんな肌質でもOKな石鹸タイプを選びましょう。
簡単に、選ぶ基準を紹介しておきます。

正しい洗顔の方法と選び方
固形石鹸

どの肌質でもOK!
正しい洗顔の方法と選び方フォームタイプ
さっぱりやしっとりなど、洗い上がりが選べるフォームタイプ。
しっとりタイプは脂性肌の方はNGです。
正しい洗顔の方法と選び方
リキッドタイプ

肌の弱い人は注意。
油分を残さず、すっきり洗いあがるのが特徴。
界面活性剤のみで作られているものもあるので、成分はしっかりチェックしましょう。
正しい洗顔の方法と選び方
ムースタイプ

刺激が強いので、肌の弱い方は注意。
押すだけで泡が出るムースタイプは、時間がない方にはおすすめですが刺激が強いのを忘れないようにしましょう。

洗顔についてもっと詳しく知りたい方は、詳しくまとめた記事がありますのでそちらを参考にしてみてください。

「ゆらぎ肌」もストップできる!正しい洗顔の選び方

2016.09.28

30代になって後悔しないために

30代は食事とスキンケアで肌バリアを高めておく時期です。
シミが出始めたり、仕事や家事で忙しくなり20代ではなかった肌トラブルも増えてきます。
30代になってからのお手入れも大事ですが、20代の時にサボってしまうと30代になった時にスキンケア頑張っておけばよかった〜と後悔することになりかねません。
20代のうちからしっかりとスキンケアをこなし、年齢を重ねてもイキイキとした肌でいられるようになりましょう!
そのために25歳以降ではじめておきたいケアがあります!
それは…エイジングケアです。

20代ではメイクが楽しくなってくる時期なので、クレンジングや洗顔を怠らないようにしっかりとケアしてほしい時期ですが、25歳からはエイジングケアをぜひとりいれましょう。
特に、歳を重ねても若々しい印象の顔でいたい方は必須です!

20代前半・後半のケア

20代前半・後半のケア
実は20代でのケアといっても、前半と後半で少し変わってきます。
スキンケア化粧品を全部変えろというような無茶なことではありません。
前半と後半では、未来の自分を見据えて少しだけケアが変わってきます。

前半のケア

20代前半のケアは、20代で重視するケアポイントで紹介したように、クレンジングと洗顔を重視して、メイクをしっかり落とすことを意識しましょう。
化粧品の選び方も、20代の化粧品選びのポイントで紹介したものを抑えて、基礎化粧品を選び基本時なスキンケアをしていればバッチリです!

肌トラブルがある方は、肌トラブルにあうケアができる化粧品を選びましょう。
20代前半では、自分の肌質を見極めていく練習をしていきましょう。
自分の肌質をチェックしたい方は、肌質をチェックできる詳しい記事がありますのでそちらをご覧ください。

肌改善をしたいなら、まずは自分の肌質を知ろう!

2016.08.23

季節や年齢でも肌質は変わりますので、季節の変わり目や化粧品が合わなくなってきたと感じた時にも肌質チェックは重要です。
20代前半から、チェックする癖をつけておくと、より一層ケアはバッチリです!

後半のケア

20代後半の25歳からはエイジングケアを始めるタイミングになります。
徐々にエイジングケアも取り入れたスキンケアをはじめていきましょう。

また、30代になると食生活は美肌のために大切になっていきます。
20代後半からは、日頃の食事の栄養バランスも考えられるようになるとGOOD!
30代になって、何か肌に変化が出てきてからではなく、20代後半から内側からもケアしていく考えを持っていると、より美肌に良いケアができます。

20代後半はエイジングケアのできる化粧品とバランスの良い食事を心がけてケアしていきましょう。

まとめ

20代ではあまりスキンケアのことを真剣に考える方は少ないかもしれませんね。
肌が丈夫な20代ではなんでもチャレンジしたくなる頃で、毎日のメイクも楽しいですよね。
ただ、周りの30代〜50代の人を少しだけ観察してみてください。
素敵だなと思える女性は皆さん肌が綺麗だったり、健康を考えた食事をしていたりと、美肌に重要だと紹介したことをやってはいませんか?

憧れのモデルさんや芸能人の方だって、綺麗な肌でいるために日頃からスキンケアを怠らず、体型をキープするための努力をしていますよね。
綺麗な肌でいるためにも努力は大切です。
20代からのスキンケアは、30代以降に比べると複雑なものではありません。
しっかりと基本ができていればOKな年代なので、皆さんも今からしっかりとスキンケアをして、いつまでも生き生きとした肌で、どんな年代になってもメイクが楽しめる肌を作っていきましょう♪

 
B.A プロテクター
【20代で使いたい基礎化粧品8選】正しいスキンケアと20代でやっておきたいケアまとめ

お気に入りをシェア