40代に人気の化粧品ブランド&【40代に必要な化粧品ブランド】

40代に人気の化粧品ブランド&【40代に必要な化粧品ブランド】

[記事に出てくる表記について]
* エイジングケアとは、年齢に応じたうるおいケアのこと
* 美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

40代は年を重ねた分、その実感が肌に感じやすくなる時期。
ターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れも感じ、たるみやくすみなどが気になってきて厄介ですよね。
40代に入るとスキンケアを見直す方も多く、また肌が生き生きとしていられる化粧品を選びたい!と強く思う方も多くなります。
そんな40代、まだまだ自分に自信の持てる肌でいたい!と思いますよね?
そんな方にぴったりな化粧品を今回は紹介します。

人気の化粧品ブランドから、40代に必要な化粧品ブランドまでを紹介しています。
40代で諦めたらもったいないです!肌に必要な化粧品を選んで、自信を取り戻しましょう♪

40代女性に人気の化粧品ブランド

40代女性に人気の化粧品ブランド
40代女性に人気の化粧品ブランドは次の4社。

  • 資生堂
  • SK-Ⅱ
  • KOSE(コーセー)
  • DECENCIA

テレビCMや雑誌などでも多く取り上げられているこれらの化粧品ブランドは、皆さんも1度どこかで目にしたことがあるんじゃないでしょうか?
実際に使っている方も多いブランドだと思います。
なぜ人気なの?何が違うの?と思う方も多いですよね。
ネームバリューで購入を決めた方もいると思います。
なので、40代に人気のこれらの化粧品の特徴をそれぞれ紹介しておきたいと思います。

資生堂

資生堂
世界的な進出も展開している資生堂は、国内シェアにとどまらず世界的にも人気のある化粧品です。
女性用のスキンケアにとどまらず、男性用のスキンケアも展開しており、幅広い層に人気があります。
それは年代別の悩みや肌質別の悩みに対応した製品が数多く、価格も手軽に始められるものから、高級なラインまで販売されているからではないでしょうか。

化粧品以外の商品も多く、育毛剤や清涼飲料水、生理用品や制汗剤など、全身の美容維持に欠かせないものまでも自社生産によって作られています。
薬局やスーパーなどでも資生堂の商品は多く目にすることができますよね。

SK-Ⅱ

SK-Ⅱ
SK-Ⅱは1970年代に「すべての女性に美しい素肌を」という目的を掲げ、その夢を実現するために、唯一無二のスキンケア成分を求めて研究が始まったマックスファクターから生まれたブランドです。
研究を重ね、SK-Ⅱの主成分として誕生したのが「ピテラ」です。
杜氏の手が驚くほど柔らかなく美しいことに注目し、その秘密は酵母や発酵にあるのではないかと研究を重ねた結果「ピテラ」は誕生しました。
SK-Ⅱは基礎化粧品としては、価格が高価な方ではありますが、ピテラを主要成分とした化粧品は使い続けることでみずみずしい素肌になると実感することができるという方が多く、大人の女性に人気を集めています。
最近では若い世代にも注目を集めている化粧品です。

KOSE(コーセー)

KOSE(コーセー)
KOSE(コーセー)は「期待を超えて満足していただくこと」というモノ創りへのこだわりのあるブランドです。
メイクブランドには「JILLSTUART」「ADDICTION」「DECORTE」「RIMMEL」などがあり、コスメコーナーやテレビCMなどでも馴染みがあるものを販売しています。
意外とメイク道具は『これもKOSEだったんだ!』という発見が多い気がします。

1970年代ごろからNMF成分に着目し研究を重ね、水分を分子レベルで肌にとどめておく機能を持つNMF成分の特性を生かしたスキンケア化粧品の開発に取り組み、初めての美容液が誕生したブランド。
健康な肌のpHは約5.6の弱酸性ということから、弱酸性にこだわりを持っています。

KOSEも手軽に使用できる価格帯から高級ラインまで取り揃えており、どの年代にも人気の高い化粧品ブランドです。

DECENCIA(ディセンシア)

DECENCIA(ディセンシア)
DECENCIAはポーラ・オルビスグループから誕生した敏感肌専門ブランドです。
敏感肌の女性のために『美しくなることを目的として使える化粧品を届けたい』という思いで誕生した化粧品ブランドなので、特に肌が敏感な敏感肌の方〜年齢やストレスで肌が敏感になってきている敏感肌予備軍の方まで幅広く支持を得ています。

ポーラR&M研究所との共同開発で作られている化粧品で、敏感肌の女性たちに多い「使用できる」化粧品ではなく「効果実感」を重視して開発されているところも特徴的です。

もっとも特徴的なのが特許を取得している独自のバリア膜「ヴァイタサイクルヴェール」
肌表面をぴったりと覆うバリア膜を形成し、刺激から角層を守り、「ヴァイタサイクルヴェール」に包まれて成長した角層は、本来の機能を発揮し、肌荒れを繰り返さないたくましい美しさを取り戻します。

DECENCIAはネット販売のみのブランドのため、他の3社よりはあまり見かけることがない化粧品ブランドですが、雑誌には多く取り上げられており、注目度の高い化粧品ブランドなんです。

顔のシワやたるみなどの『エイジングサイン』のケアにはどんな化粧品がいいの?

顔のシワやたるみなどの『エイジングサイン』のケアにはどんな化粧品がいいの?
40代に人気の化粧品ブランドがわかったところで、次に『どういった化粧品が40代には必要なのか』ということを紹介していきたいと思います。
とりあえず高価なものを使えば間違いないでしょ?なんて思う方も多いかもしれませんが、はたしてそうなのでしょうか?
自分の肌には何が必要なのか。
気になる『エイジングサイン』に効果的なものはどんな化粧品なのか?ということについてお話ししていきたいと思います。

40代におすすめの基礎化粧品とは

40代におすすめの基礎化粧品とは、ズバリ!『シミやシワ』の集中ケアです。
また、ターンオーバーが低下する年代なのでターンオーバーをサポートするスキンケアをしましょう。
もっと効果を実感したい方は『運動』も重要です。
運動で代謝を高め、古い角質をピーリングで除去すればもうバッチリです♪

40代の肌の変化の特徴

40代は保湿力が低下するため20代の頃とは全くケアが変わってきます。
加齢を実感する年代なので、ターンオーバーもホルモンバランスも乱れがちです。
40代の肌トラブルには「たるみ」や「くすみ」が多く、30代の時に目立ち始めるシミやシワも深刻な悩みになる方も多い年代です。
30代でなんとなくスキンケアをしていた方も、40代を機にしっかりスキンケアを始めたい肌になっていきます。

改善するにはどんなケアが必要か

40代に必要なスキンケアは具体的にどう取り組んでいったらいいのかを紹介したいと思います。

40代で取り組みたいスキンケアは次の3つです。

  • 『シミ』のケア
  • 『シワ』のケア
  • 運動

40代のみなさん、この3つできていますか?
化粧品でスキンケアができる『シミ・シワ』のケアは頑張れても『運動』と言われると、ちょっとハードルが高いと思う方も多いですが、諦めないでください。
自分でできそうだというもので大丈夫ですよ。
ではそれぞれを詳しく説明していきたいと思います。

40代のケア1:40代には必須の『シミ』のケア

シミは1つあるだけで老けて見えてしまうエイジングサイン。
なるべくできる前に予防することが肝心ですが、できてしまったら濃くならないようにケアしていく必要があります。

そのためには美白化粧品を使用しましょう。
美白化粧品はメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐために活用していきます。
予防のために使うことと、濃くしないために紫外線対策とともにうまく活用していきましょう。

40代のケア2:シワのケア

40代では特に目立ってくる方も多い「シワ」
シワは乾燥によってできる小じわもありますが、30代以降にできるシワは加齢によるラーゲンの減少によるものが大半です。
40代ではこのコラーゲンの減少によってできるシワがほとんどのケースが多いと思いますので、エイジングケアのできる化粧品を使用してケアをしていきましょう。

特にシワケアに有用と考えられている、以下の成分の配合された化粧品を取り入れるの重要です。

シワケアに使いたい注目成分

ビタミンC コラーゲンの生成を促し、毛穴を引き締め、肌にハリと弾力を
レチノール ビタミンAの一種。
肌細胞を活性化し、コラーゲンを増やす働きが
ナイアシン ビタミンB3のこと。
肌内のコラーゲンを増やす作用がある
抗酸化成分 オウゴンキス、油溶性甘草エキスなど。
老化の原因となる活性酸素を抑える

40代のケア3:運動

運動は難しいと思う方多いですよね。
40代になって新たに何か始めるのも…と面倒に思う方も多いですが、まずは運動をすると何がいいのかということを知っておきましょう。

運動をすると…美肌を作るホルモンの働きが活発になります

その美肌のためのホルモンが次の2つです。

  • 成長ホルモン
  • セロトニン
成長ホルモン
成長ホルモンは肌のターンオーバーが活発になり、老化を防止する働きがあります。
ダイエット系の本などでも見かけることが多いですよね。
セロトニン
セロトニンは精神を安定させ、ストレスによる大人ニキビを改善する特徴があります。
大人ニキビに悩んでいる方も運動は大事だということがわかりますね。

では、この美肌を作るホルモンですがどんな運動をしたらいいと思いますか?
まずはあなたの日頃の生活をちょっと想像してみましょう。
1日のスタイルの中での移動時間はありますか?
まずは歩くということを習慣にしているかということに注目してみてください。

移動時間がないという方は、少し早めにおきてウォーキングを始めてみましょう♪
15分〜20分歩く習慣をつけるだけでも運動です!
車通勤など、足を使わない方も同様にウォーキングを始めるといいでしょう。

そのほかにはこんな運動がおすすめです。

水泳
水圧で血液の循環がよくなる水泳は、息継ぎで大きな呼吸を繰り返すので、血液を送り出す新肺機能も高める効果も期待できるます。
ジョギング
歩くよりも早く血行が良くなりますが、ずっと走り続けるのではなく10分走って1分歩くなどのインターバルをとりながら取り組むのがおすすめです。
ただし、全く運動していなかった人がいきなりジョギングを始めるには身体に負担がかかりすぎると思いますので、そんな方は自分のペースでゆっくりと短い距離から始めましょうね。

運動はハードルが高そうなイメージがありますがまずは『歩くこと』を目標にした運動を取り入れてみましょう。
朝に行い朝日を浴びると、朝日がまた良い効果を身体に与えてくれますので朝のウォーキングはおすすめですよ♪
美肌ホルモンを作り出して40代の肌に潤いを与えていきましょう!

40代の肌に合う化粧品の選び方

40代に必要なケア(シワ・シミのケア)を満たす化粧水の選び方を次に紹介したいと思います。
それぞれのケアでポイントになっていたのは「美白」と「エイジングケア」です。
この条件に合う化粧品を選んでいきますが、もう2点考える必要があります。

  • 肌悩みに有用な成分を選ぶ
  • 肌質を考えて選ぶ

肌悩みで考えたいのは「ニキビ」で悩んでいる方。
このタイプの方は、ニキビに有効な成分が配合されているものを使用したり、炎症を起こしたニキビで悩んでいる方なら、肌刺激を考えられているものを選ぶなど、プラスαで化粧品を選ぶときに注目して選んでみてください。

肌質で気をつけたいタイプの方は「敏感肌」の方。
敏感肌の方は、化粧品を選ぶのも一苦労しているという方も多いですよね。
敏感肌専用に開発されているものや低刺激にこだわっているものなど、化粧品を選ぶときに『自分が使い続けられるものなのか』ということをしっかりと見て選んでいきましょうね。

必要なケアを踏まえた上でおすすめの化粧品は

40代に必要なケアを考えておすすめの化粧品を4点厳選いたしました。

DECENCIA サエル

DECENCIA サエル

敏感肌のためにスキンケアを開発しているDECENCIA化粧品。 20代〜50代まで幅広い年代に人気があります。 敏感肌ブランドなのに、エイジングケアと美白ケアがどちらもできる化粧品です。

エリクシール

エリクシール

コラーゲン・サイエンスでハリと透明感を満たし、輝きのある肌へと導きます。
大人のハリ肌を目指すために注目成分である「コラーゲンGL」を配合した化粧品です。

アスタリフト ベーシック

アスタリフト ベーシック

アスタキサンチンと、みずみずしいトマトの力、ナノリコピンの”Wの赤いチカラ”で肌にハリを与え、うるおい肌を目指すスキンケア化粧品です。
Wヒト型ナノセラミドや、富士フィルムのフィルム技術から生まれた3種類のコラーゲンなどの美容成分をたっぷりと配合しており、これからエイジングケアを始めようと思っている方にもぴったりです。

アスタリフト ホワイト

アスタリフト ホワイト

富士フイルム独自のナノユニット技術で極小化した「ナノAMA」で透明感あふれる肌へ導きます。 保湿やハリにこだわるアスタリフトシリーズの主成分も配合されており、ハリと潤い、そして美白ケアもできるエイジング化粧品です。

40代に人気の化粧品ブランドからは、資生堂とDECENCIAの2点をお勧めさせていただきました。
肌は一人一人違いますので、こちらで紹介させていただいたものが合わない方もいると思います。
40代で使う化粧品とはいえ、初めて使用する化粧品の場合はトライアルセットを試した上で、日頃のスキンケアに取り入れるのを忘れないようにしましょうね。

《目的別》40代で使いたい化粧品

おすすめの化粧品を4点厳選させていただいたものを先に紹介させていただきましたが、目的別にあと数点紹介させていただきたいと思います。
ここで紹介するのは、「エイジングケア」または「保湿」を重視したいという方向けにおすすめの化粧品です。

エイジングケア

エイジングケアをより重視してケアをしたい!と考えている方には次の2点の化粧品を検討してみてください。

DECENCIA アヤナス

DECENCIA アヤナス

刺激が気になる方や、40代以降エイジングケアに取り組む決意をした方には特におすすめの化粧品です。

オルビス ユー

オルビスユートライアル

細胞に着目したエイジングケア。30代以降の傾きがちな肌にうるおいを。
乾燥・ハリ・くすみにアプローチ!

30代からのスキンケアに「新オルビスユー」ひと足先にレビュー!

2018.10.25

保湿ケア

乾燥が気になり、保湿ケアを重視してケアをおこないたいという方には、次の2点の化粧品を検討してみてください。

プモア

プモア

『浸透型コラーゲン』『セラミド』『ヒアルロン酸』配合で、特に乾燥がひどい方や、敏感肌の方におすすめ。 大手酒造メーカー(日本盛)の化粧品です。

b.glen(ビーグレン)

b.glen(ビーグレン) 乾燥・保湿ケア

独自の浸透テクノロジー『QuSome』でが肌トラブルにアプローチし、肌本来の機能に働きかけて、肌の密度を高めます。

40代のスキンケアで気をつけておきたいこと

40代のスキンケアで気をつけておきたいこと
40代のスキンケアでも少し紹介しましたが、40代で特に気になる悩みで気をつけておきたいことを簡単に紹介させていただこうと思います。

ホルモンの減少?

加齢とともに、若さも保つ2つのホルモンが減少していきます。
そのホルモンとは次の2つです。

  • 卵胞ホルモン
  • 成長ホルモン

卵胞ホルモンは肌の弾力を保つコラーゲン線維を増やし、肌の水分を保持する作用があります。
しかし30代後半から徐々に減少して肌老化が加速すると言われています。
成長ホルモンは肌を含めた組織の修復をする重要な役割を担っています。
成長ホルモンは起きている時は分泌が抑えられているので、睡眠が重要です。

40代は特にホルモンバランスが乱れがちなので、睡眠をしっかりとり、エイジングケアのできるスキンケアが重要になります。

ターンオーバーの乱れ

40代になるとターンオーバーも乱れてきます。
血行不良などでも乱れるターンオーバーですが、実はターンオーバーが乱れると、目に見えてわかるエイジングサインにつながってくるんです。
加齢によってどうしても遅くなるターンオーバーを正常に戻すためにも、ピーリングなどのケアを忘れずに取り組みましょう。

ターンオーバーのケアは意外とみなさん見落としがちです。
週1回のピーリング化粧品でのケアか、クリニックに行って施術してもらう方法もあります。
40代の方はピーリングできる美容家電なども取り入れる方も多いようなので、ターンオーバーをサポートするためのケアとして検討してみるのもいいかもしれませんよ?

40代で気になるシミ「肝斑」

よく目にする「肝斑」という文字。
40代の方はかなり気になるシミの一つですよね。
肝斑は紫外線による影響や女性ホルモンのバランスが崩れた時にできることが多いようです。
また妊娠中やピルを服用した時、または更年期の人にもよくみられるので、40代に限らず気をつけたいですね。

まずはしっかり紫外線対策をしましょう!
40代だからもういっかな〜なんて紫外線対策をやめている人はいませんか?
これはどんどん肌が老けるのでNGですよ。
また内服薬のトラネキサム酸が有用であると考えられています。
市販のものですと「【第3類医薬品】ハイチオールCホワイティア 120錠」などが人気です。

内側からの肌ケアは30代から始めたいところですが、40代からでも遅くはありません。
内側からのケアも取り入れて、みずみずしい肌をキープしていきましょう。

40代の正しいスキンケア方法

40代の正しいスキンケア方法
40代ではスキンケアのスタイルも少しずつ工夫が必要になってきます。
スキンケアとメイクの方法で40代で取り入れたいポイントをまとめましたので、今あなたが40代になったばかりでも半ばでも後半の年齢でも、今から始めてみましょう。

エイジングケアのポイント

まずはスキンケアに関するポイントですが、エイジングケアで重視したいことは化粧品以外にもあります。
それは「クレンジング」です。
今、どんなクレンジングを使用していますか?そのクレンジングで本当にいいですか?
40代で使用するクレンジでは「クリーム」がおすすめです。

クレンジングは『クリーム』

乾燥に悩む年代でもあり、老化を進める原因にもなる肌刺激は最小限で抑えておきたい40代の肌には「クリームタイプのクレンジング」を取り入れましょう。

何かの番組でIKKOさんが私たちの世代はクレンジングはクリームを使うのは必須と言っているのをみたことがあります。IKKOさんは1962年生まれなので、50代以降の方もクリームクレンジングはおすすめですが、切り替えるタイミングは40代からが始めどきだと思います。

メイク

『シミ』に悩む方は、どんなメイクをしたらいいのか未だ瞑想中の方もいるんじゃないでしょうか?
どんなファンデーションがいいのか、メイク方法はどうやったらいいのか、もし悩んでいる方がいましたら、シミ隠しにおすすめのファンデーションやメイクの方法などを詳しくまとめた記事がありますので、こちらをご覧ください。

シミ隠しに向いているファンデーションとは!?「選び方・使い方」徹底解説!

2017.09.07

エイジングケアは食生活からも必須と考える年代!

食と栄養はキレイの源です。
食生活は30代くらいから見直しを始める時期で40代では必須です。
キレイな肌で素敵だと思う人が周りにいたら、どんなものを食べているのか観察してみましょう。
野菜を食べずにご飯やパンばっかり食べている人はまずいないと思います。
肉や魚、野菜などバランスよく食べているか毎日の食生活を40代からは特に大事にしていくことを必須と考えてくださいね。

生活習慣もエイジングケア

エイジングケアは、化粧品や食生活だけでなく生活習慣でも変わってきます。
気をつけて見直したいのが、睡眠や冷え。
特に冷えは女性では悩んでいる方は多いんじゃないでしょうか?
夏場でも冷房の効いた部屋で冷えないよう対策を行ったり、温かいドリンクを飲み体を冷えないようにしましょうね。
入浴やストレッチも効果的なので、日頃の生活に取り入れてみましょう。

睡眠は成長ホルモンにとって、とても大事なことなので十分な睡眠時間を確保しましょうね。
たくさんの肌トラブルの改善に「睡眠」は重視されていますので、睡眠が足りているか今一度チェックしてみてください。

まとめ

40代は肌への老化を実感し始める年代です。
でもそれで諦めていては、どんどん人前に出るのが嫌になっていくと思いませんか?

どんな人の肌にも肌トラブルはつきものです。
毎日のスキンケアを行うのを続けるか諦めるかで大きな差が出てしまいます。

どんな年代になっても自信の持てる肌で、堂々と人前に出て自分をもっと好きになれるように「顔ラブ」は応援し続けますので、共にスキンケア頑張りましょうね!

 
40代に人気の化粧品ブランド&【40代に必要な化粧品ブランド】

お気に入りをシェア