【ホットクレンジング】で本当におすすめの人気アイテム2選

【ホットクレンジング】で本当におすすめの人気アイテム2選

最近、クレンジングが肌に良くないと聞いて、クレンジングを見直している方から注目を集めているクレンジングが『ホットクレンジング』
ホットクレンジングって興味はあるけど、結局なんで選ばれているの?
暖める効果が肌にどんないい影響を与えるの?など、謎も多いですよね。

そこで今回は、そんなホットクレンジングの謎と本当におすすめの人気アイテムを2つご紹介したいと思います。

クレンジングに困っているなら「ホットクレンジング」がいい?

クレンジングに困っているなら「ホットクレンジング」はいかが?
クレンジングって結局何がいんだろう‥と、困っている方も実は多い『クレンジングの悩み』
最近はくずれにくいメイクアイテムがどんどん出てきていますので、クレンジングでしっかりメイク汚れを落とすのは大事です。

しかし、クレンジングはメイクを落とすために界面活性剤が入っていたり、ゴシゴシこすったりすることで起こる肌への摩擦などで一番負担がかかる行為でもあります。
そのため、クレンジングの選び方は実は地味に重要なことなんです。

そんな中でホットクレンジングを選んでみよう!とトライする人は、何に惹かれて選んでいるんでしょうか。
また、ホットクレンジングの中でもクレンジングの肌の負担を考えて作られているものや、選び方、使うメリットなど、ホットクレンジングをなぜ使うのかを紹介していきたいと思います。

ホットクレンジングとは

ホットクレンジングとは一体なんなのか。
名前だけでなんとなくわかる方もいると思いますが、ホットクレンジングは『温感』を感じるクレンジングです。
発熱する成分が入っているため、肌を温めることができ、温感を感じることで受けるメリットは様々あります。

ではなぜホットクレンジングで肌を温めるといいのかを紹介していきたいと思います。

ホットクレンジングは肌にいい?

ホットクレンジングはお肌に本当に良いのか?
温めても温めなくてもクレンジングで汚れを落とせれば良い、と考える方は多いと思いますが、肌を温めることでのメリットはとても大きいんですよ?

ホットクレンジングの温感でこんなに良いことがあります。

  • 肌に優しい
  • 乾燥しない
  • 肌のケアができる

クレンジングの種類によっては、肌に優しいものもあったりしますが、なぜホットクレンジングだと、肌に優しく乾燥もせずにそして肌ケアまでが可能なのか?

詳しく説明していきたいと思います。

『ホットクレンジング』を使うメリット

ホットクレンジングを使うメリットは次の3点。

  • 肌を温めると毛穴汚れが落としやすくなる
  • 必要なうるおいを残せる
  • 保湿成分が浸透しやすくなる
  • コスパがいい

この4つが主なメリットです。

ホットクレンジングで肌を温めることで、特に固まった秋冬の肌には温感によって肌を柔らかくし、毛穴も柔らかくなると毛穴の中の汚れが浮きやすくなります。

また、ホットクレンジングでは温感でメイクを浮かせるのでホットクレンジングに配合されている界面活性剤が少量でもしっかりとメイクを落とすことができ、肌に必要な成分を残しやすいと言われています。

ホットクレンジングを使うことで、肌を温め、肌を柔らかくするのでそのあとに使う化粧品の成分が肌に浸透しやすくなります。

またホットクレンジングは、次のような肌ケアもできます。

角栓詰まり・毛穴の開き・毛穴の黒ずみ・いちご鼻のケアに

温感で毛穴を開き、汚れを落としやすくするため、毛穴のケアにもぴったりです。

ニキビケア

ニキビの原因は、過剰な皮脂や汚れが毛穴に詰まることで起こります。
ホットクレンジングで肌を温め、毛穴に詰まった汚れをケアすることでニキビを防ぐことにつながります。

顔の巡りケア

ホットクレンジングの温感は、顔の血の巡りをよくするので特に秋冬の固まった肌にはオススメ。
秋冬は温度の低下でバリア機能が低下したり、そのため水分蒸散しやすく、肌が水分不足を起こしやすい時期。
肌が固いと、毛穴が締まり汚れが溜まりやすくなるので顔の巡りケアをして肌をやわらかくするのはとても重要なんです。

W洗顔不要で肌の負担を減らす

ホットクレンジングはW洗顔不要のものが多いようです。
メイクをしている場合、基本はクレンジングと洗顔のW洗顔が必要ですが、温感で毛穴汚れを浮かせて落とすことのできるホットクレンジングは洗顔不要に開発されているものが多く、肌の負担が少なくてすみます。

ホットクレンジングがおすすめな季節

ホットクレンジングは肌を温めることができ、肌に負担が少ないものが多いので、特に秋冬の肌におすすめなんです。
なぜおすすめかというと夏と冬では肌はこんなにも違ってくるから。

夏の肌 冬の肌
肌温度 高い 低い
皮膚 柔らかい 固い
毛穴 開く、汗や皮脂により汚れが出やすい 締まりやすく、汚れが溜まりやすい
乾燥 紫外線やエアコンにより乾燥
汗や皮脂の過剰な拭き取りにより肌が水分不足に
温度低下でバリア機能が低下しやすく、そのため水分蒸散したすくなり肌が水分不足に
クレンジングに必要なもの
  • 洗浄力
  • 保湿
  • 引き締め効果
  • 肌への負担の少なさ、優しさ
  • 温感
  • 洗浄力
  • バリア機能のサポート

季節によっての肌に違いによっても、クレンジングに求めるものが変わってきます。
そのため、秋冬の気温が低くなる時期には特にホットクレンジングはおすすめなんですよ。

ホットクレンジングがおすすめな人の『肌質』

ホットクレンジングはほぼどのタイプの肌質の方でも使用できます。
特にこの肌質におすすめ!というものはありませんが、以下のような肌の悩みのある方には特におすすめです。

ホットクレンジングがおすすめな人

  • 今まで使用していたクレンジングの仕上がりに、つっぱる感じがあった
  • 肌が乾燥しやすい
  • 毛穴の汚れが気になる
  • 肌のザラつきやゴワつきが気になる

このような悩みを持っている方には、ホットクレンジングの温感がそれぞれの悩みにアプローチしてくれますのでおすすめです。

ただし、ホットクレンジングは商品によっては敏感肌の方には刺激が強い可能性があります。
ホットクレンジングと言っても、全ての商品が敏感肌に使用できるほど刺激が少ないように開発されているわけではありません。
そのため、選ぶときには注意が必要です。

敏感肌の方は注意

「ホットクレンジングジェル」、つまりジェル(ゲル)タイプのホットクレンジングを使おうとする場合、敏感肌の方には刺激の問題が出てきます。
敏感肌の方にはジェルタイプのホットクレンジングは”お勧め”とは言いきれません。

しかし、クリームタイプで開発されている『ReFa ホットクレンズ』のように、低刺激でのものであれば、刺激の心配は減ると思います。

おすすめのホットクレンジングで詳しく紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。
公式サイトでより詳しく知りたい!という方は、リファホットクレンズCLのページで確認してみましょう。

敏感肌の方でも、ジェルタイプのホットクレンジングを問題なく使用できる方もいますので、刺激が気になる方のみジェルタイプのホットクレンジングは注意が必要です。
敏感肌の方で、日頃スキンケアが問題なく使用でき、刺激の心配があまりない方にはジェルタイプのものでも問題ないとは思いますが、おすすめのホットクレンズで紹介しているジェルをまず試してみることをおすすめします。

*重要*ホットクレンジングの選び方のポイント!

*重要*ホットクレンジングの選び方のポイント!
ホットクレンジングの魅力を知ると、すぐにでも商品を購入して使ってみたい!と思うようになりますが、ちょっとSTOP!

ホットクレンジングといっても、どんなものでもいいというわけではありません。
自分の肌を大切にするためにも、本当に良いホットクレンジングを選んでほしいと思います。
そのために、ホットクレンジングの選び方を紹介していきますので、しっかりチェックしていきましょう。

選び方を知った上でいくつもある商品を選んでいくのは面倒‥という方には、本当におすすめのホットクレンジングを2点に絞り紹介している「おすすめのホットクレンジング」を早速チェックしてみてください。

選び方を知りたい方は、このまま読み進めてくださいね。

メイクがしっかり落ちるか

ホットクレンジングを選ぶ上で、メイクがしっかり落ちるかどうかはまず確認したいポイントです。
肌を温めて毛穴汚れを落としやすくしているとはいえ、きちんとメイク汚れをオフできるものでないと、肌トラブルに悩まされることになります。

W洗顔不要

次にW洗顔が不要なものを選ぶようにしましょう。
W洗顔不要なものだと、肌への刺激が少なくなるというメリットがあります。
ホットクレンジングは肌に必要な成分を残してくれて、水分不足の肌には負担が少ない方がいいので、肌への負担を減らしたい方には向いています。

ただ、W洗顔不要と表記してあるものは、メイクの油分がしっかりと落ちるんだと信じるしかありません。
W洗顔不要と書いてあっても、油分が残っている気がするような商品は、実は汚れを落としきれていません。
そんな場合もあるので、本当にW洗顔不要な商品であるか注意深く探る必要があります。

本当に汚れが落ちるのか、W洗顔が本当に不要なのかということを調べるのはとても大変ですよね。
そこで、顔ラブでリサーチをしたり実際に商品を体験したりして調べた上で本当におすすめのホットクレンジングを2点、厳選したしましたので紹介したいと思います。

おすすめのホットクレンジング

ホットクレンジングの特徴や選び方などを考慮して、本当におすすめのホットクレンジングを2つ紹介したいと思います。
ホットクレンジングは色んなものが販売されていますので、コレというものが選べない方は、今から紹介するものからトライしてみてはいかがでしょうか?

1.ReFa ホットクレンズ

ReFa ホットクレング

ReFaホットクレンズは、実現が難しいと言われていたクリームタイプでのホットクレンジングの開発に成功し、肌に優しく洗浄力もばっちりで、さらには保湿力も兼ね備えた新感覚のクレンジングです。
しっかり落とせるのにつっぱらない!
そして、洗うたびにもっちりとうるおいのある透明な肌へ導くクレンジングクリームなんです。
肌に極めて優しいように開発されているので、敏感肌の方にも使用できるようになっています。

特徴

ReFaホットクレンズの特徴は次の4つ。

  • ホットクレンジングには珍しい『クリームタイプ』
  • 2種類の低分子コラーゲン配合
  • W洗顔不要
  • 独特のテクスチャーがやみつきに
  • アーティチョーク葉エキスが肌を引き締めて整える

ReFaホットクレンズの特徴の1番は『クリームタイプ』であること!
クリームタイプのクレンジングなので、肌への負担が少なくてすみます。
しかし、ReFaホットクレンズはクリームとしては少し硬めの独特のテクスチャー。
これが刺激になるのではと懸念されるのですが、そうではありません。
手に馴染ませ、顔をマッサージするときには硬さも気にならず、汚れもしっかりとオフすることができ、ちょうどいい温感を感じるクレンジングクリームです。

クリームタイプのホットクレンジングは敏感肌の方でも比較的使用できる方が多いので、敏感肌の方でホットクレンジングを試したい方には1番にReFaホットクレンズをおすすめします。

2.マナラ ホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲル

マラナホットクレンジングゲルの特徴といえば、石油系合成界面活性剤が使用されていないこと。
さらに言うと、その他添加物も配合されていません。
(その他添加物=着色料、合成香料、鉱物油、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤)

マナラホットクレンジングゲルは、吸着力のあるゲルが毛穴汚れまでしっかりと落とし、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分がしっかりと配合されているので、クレンジングするたびに肌のうるおいを守り、しっとりとした洗い上がりになります。
マナラホットクレンジングの94.4%は美容液成分なんです。

特徴

  • 合成界面活性剤などが配合されてない『無添加ホットクレンジングゲル』
  • ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分をしっかり配合
  • 94.4%が美容液成分
  • W洗顔不要
  • アーティチョーク葉エキスなどの3種類の植物成分が毛穴レスな肌へ
  • 肌にしっかり届けるために「ナノカプセル技術」を採用

マナラホットクレンジングゲルは、肌に良くないと言われている「合成界面活性剤」や着色料、アルコールなどの添加物が含まれていません。
無添加の化粧品は肌への負担がかなり抑えられるため、この点だけでもおすすめなんですが、ビタミンC誘導体を肌(角質層まで)にしかりと届けるために「ナノカプセル技術」が採用されている点も、優れているポイントだと思います。

マナラ独自のコラーゲン生成技術によって、コラーゲンを補給し続ける、新発想のエイジングケアができるので、エイジングケアを始めたいなと考えている方で、25歳以降の方には特におすすめのホットクレンジングです。
*エイジングケアとは、年齢に応じたケアのこと

ホットクレンジングの使い方

ホットクレンジングの使い方
ホットクレンジングのことがわかったところで、使い方も押さえておきましょう。
いざ商品を購入して説明書などや使い方を読む方は大丈夫だと思いますが、感覚的に使っている方は、ホットクレンジングの場合は一度ここで確認しておいてほしいと思います。

ホットクレンジングの使い方

商品によって、使う量(適量)は異なりますので、事前に適量がどれくらいの量なのかは、それぞれの商品で確認しておきましょう。

  1. 肌と手が乾いた状態で使う(水気がある場合は拭き取りましょう)
  2. 適量より少し多めの量を使う
  3. 肌に馴染ませて使う
  4. ぬるま湯で洗い流す

まず大事なのが、乾いた状態で行うこと!水気がある場合(汗なども)は拭き取ってから行ってくださいね。
メイクしている状態の肌+乾いた手で行うのを忘れないようにしましょう。

次に、クレンジングは本来すばやく行うのが良いとされていますが、ホットクレンジングは顔全体に広げた後、30秒〜60秒ほど顔全体を優しく撫でるようにして馴染ませていきます。
馴染ませるときに、じんわりと温感を感じることができ、肌を温めることでメイク汚れが浮いてきたりと、ホットクレンジングの力が発揮されます。

このときにゴシゴシしなくてもしっかりとメイクは落とせますので優しく馴染ませてくださいね。
ゴシゴシしてしまうと、せっかくW洗顔不要で肌への刺激が少なくて済むのに、手と肌の摩擦でかなり刺激を受けてしまうことになるので気を付けましょう。

クレンジングをお風呂で済ませたい方は不向きかも

ホットクレンジングは、肌と手が乾いた状態で使用するので、お風呂でクレンジングを行いたいと思っている方には不向きだと思います。

また、お風呂で温まった体にホットクレンジングをしてしまうと、いつもよりもしっかりと暖かさを感じるので、肌がびっくりします。
実際に、やってみたことがあるのですが、いつも感じている暖かさの何倍も暖かいので、かなりびっくりしました。

肌に炎症がある方、例えば潰した後のニキビなどがある方は、かなり痛みを感じるんじゃないでしょうか;
たまたま無かったので良かったんですが、ちょっと危ないと思いますので、くれぐれも湯船につかってしっかりと暖まった身体でのお風呂上がりのホットクレンジングはやめておきましょう。

多少、肌への刺激になっていると思いますので、お風呂に入る前にホットクレンジングを使った方が良さそうです。
皆さんも気をつけてくださいね!

ホットクレンジングの間違った見方

ホットクレンジングの間違った見方
ホットクレンジングを紹介する上で、ネットの情報を色々と調べていたところ、間違った見方をしているなぁと感じたことがありました。

もしかしたら勘違いをしてしまう方もいるかもしれない!と思い、せっかくなので紹介したいと思います。

マスカラが落ちない

マスカラなどのポイントメイクは、専用のリムーバーで落とすのがいまや常識。
ホットクレンジングを使ってみたけど、なんだかマスカラ落ちないし‥目の周りや口紅が落ちづらいんだよなぁ、使えないなぁと思っていた方。それ間違いです。

特に目を集中してメイクをしている人は、ウォタープルーフのアイテムをたくさん使っていたりしていませんか?
しっかりメイクを施したポイントメイクは、ホットクレンジングだろうが普通のクレンジングだろうが、汚れは落としきれていません。

ポイントメイクは専用のリムーバーで落とさないと綺麗に汚れは落ちない上に、まつげにも負担がかかってしまいます。
負担をかけていると、まつ毛どんどん無くなりますよ?

ホットクレンジングは、肌についた汚れを落とすために使うクレンジングですので、マスカラが落ちにくい‥という間違った見方をくれぐれもしないようにしましょう。

まとめ

ホットクレンジングの謎な部分が解けたでしょうか?
ホットクレンジングは特に秋冬の肌にはおすすめのクレンジングです。
もちろん、冷房で冷える夏の肌のケアにも温感は必要だと思いますので1年中使ってもOK!

じんわりと感じる温感でさらにクレンジングなのに肌にいいことができるホットクレンジングはぜひ1度試してみてほしいクレンジングです。

最後に注意してほしいことをお伝えしておくと、実際にホットクレンジングを試している際に、ニキビを潰してしまい、その部分が赤くなってしまっていた肌に使用したことがありますが‥‥痛かったんですね;
潰したてってなんでも痛いと思うんですが;
ホットクレンジングは肌に優しいよ、と散々伝えてしまったので、ニキビを潰した後の箇所にも優しいかというとそうではないので気を付けてくださいね。

そもそもニキビを潰してしまった私が悪いのですが。。
皆さんは潰さないように気を付けてくださいね!

※記事に使用しているMTG様の画像は、特別に許可をいただいて使用させていただいております。無断使用は一切禁止です。

 
ベルタ酵素ドリンク
【ホットクレンジング】で本当におすすめの人気アイテム2選

お気に入りをシェア