ほうれい線が‥気になり始めたら!ほうれい線ケアのできる美容液で徹底ケアを

ほうれい線が‥気になり始めたら!ほうれい線ケアのできる美容液で徹底ケアを

年齢を重ねていくと、次第に現れ始めるエイジングサイン。
中でも「ほうれい線」は年齢がでる部分なので一番気になるエイジングサインではないでしょうか。

肌は生まれた時から老化が始まっているので、老化を止めることはできませんが、日頃のスキンケアで目立たないようにケアをすることはできます。
そこで今回は、ほうれい線ケアに必要な美容液の紹介をしたいと思います。
ほうれい線はなぜできるのか、目立たなくするためにはどうしたらいいのか、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ほうれい線はどうやってできる?原因と種類

ほうれい線はどうやってできる?原因と種類
ほうれい線は、40代のほとんどが頭をかかえる問題ですよね。
そもそもなぜできるのでしょうか。
ほうれい線と同じ理由でできるエイジングサインには「ゴルゴライン」や「マリオネットライン」がありますが、これらのエイジングサインは弾力が低下し、ハリを失って重力に耐えきれず下がってくる”たるみ”によって起こります。

たるみの原因としては、次のようなものが原因と考えられます。

  • 肌弾力の低下
  • 紫外線
  • 表情筋の衰え

肌弾力の低下

30代の頃から、コラーゲンが減少しはじめます。
真皮と表皮の結びつきは弱くなるため、皮膚の表面だけが下にずれ落ちてたるみます。
弾力が低下し、ハリが失われた肌にはコラーゲンを増やすことを目的としたケアが必要です。

紫外線

紫外線をうけて発生する活性酸素によってコラーゲンが減少します。
コラーゲンが不足すると弾力が低下します。

表情筋の衰え

顔の筋肉が衰えると皮膚も一緒に緩んでたるみの原因に。

その他、たるみの原因になるものはこんなものがあります

  • 乾燥
  • 急激なダイエット
  • 表情ぐせや噛みぐせ
  • マッサージのやりすぎ
    (マッサージ器の使いすぎ)

たるみは「弾力がなくなること」でおこります。
一度たるんでしまうと若かった時のようには戻りませんが、エイジングケをすすれば必ず肌は答えてくれます。
コラーゲンの減少で弾力が下がっているのであれば、コラーゲンを補うケアをしてあげればいいのです!

エイジングケアは早すぎることも遅すぎることもありません。
しっかりとケアできる成分が配合された化粧品を使ってケアをしていきましょう。

ほうれい線にしっかりアプローチ!おすすめ美容液&クリーム

POLA サインズショット【医薬部外品】

笑う、食べるなど毎日繰り返す顔の動きによってうまれる皮膚への負荷「表情圧」とエイジングの関連性を解明し、顔の動きまで考えてつくられたエイジングケアです。ピンとしたハリ感と弾力感を与えます。

POLA サインズショット【医薬部外品】
POLA サインズショットの口コミ
米粒くらいを朝夜目の下、眉間、ほうれい線あたりに塗りこんでいます。
なんとなく、なんとなくですが、小じわが浅くなったような気がします。
@cosmeより抜粋

b.glen(ビーグレン)

独自の浸透テクノロジー『QuSome』でが肌トラブルにアプローチし、肌本来の機能に働きかけて、肌の密度を高めます。
QuSomeシリーズは、ほうれい線ケア以外にも肌トラブルに合わせて8つのシリーズを展開しています。

b.glen(ビーグレン)
QuSomeの口コミ
クリームが伸びがよくつけやすく、しっとりするのにべたつかず肌に浸透されるのがわかるような使用感で使いやすいです。
また、敏感肌ですがしみたりすることもなかったです。
@cosmeより抜粋

保湿重視のエイジングケアならコレ

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

「肌がたべるジェリー」で話題の「ジェリーアクアリスタ」は3種のコラーゲンとセラミドでハリ感を与えます。
まっさら素肌にセラミドのごちそうを!うるおいが持続する肌へケア!

アスタリフト ジェリーアクアリスタ
アスタリフト ジェリーアクアリスタの口コミ
乾燥に悩んで購入しました。これを使うだけで化粧水の浸透が全然変わり、感動しています。
エアコンをつけて寝ても翌朝肌が乾燥しておらず、1年を通して使いたい商品です。
@cosmeより抜粋

低刺激のものを探している方はコレ

バイタライジングライン

アルガン・リンゴの幹細胞、ヒト型セラミドを配合した、加齢によるお肌の悩みにアプローチするスキンケアシリーズ。
肌本来の持つ基本機能を高め、若々しい肌を引き出しキープできるような材料にもこだわりのあるスキンケアです。

バイタライジングライン
バイタライジングラインの口コミ
半信半疑だったけど、テクスチャーやその後の肌の感じがすごく良かったです。
もともと私みたいに肌が強い人よりも、セラミドが足らなくて乾燥やエイジングが気になる人の方が相性いいみたいですね。
@cosmeより抜粋

高くてもしっかりケアできるものがいい方はコレ

B.Aセラムレブアップ

ポーラ最高峰ブランドB.Aから登場した美容液。
肌の自浄サイクル機能に着目し、ポーラオリジナル成分を配合。みずみずしいハリ感のある肌を目指します。

B.Aセラムレブアップ
B.Aセラムレブアップの口コミ
もちっとだけの美容液はありますが、要はしわを改善したいからハリが重視。しっかりハリをだしてくれます。もちもちになるし、これはお高くてもリピかな。
@cosmeより抜粋

ほうれい線が気になる方の化粧品の選び方

ほうれい線が気になる方の化粧品の選び方
Designed by valeria_aksakova / Freepik

ほうれい線が気になる方の化粧品選びのポイントはハリ感を与える成分が配合されているかがポイント。
ほうれい線へアプローチする「コラーゲン」や「レチノール」が配合されているかを確認しましょう。

またシワやたるみの予防に抗酸化化粧品をプラスします。
抗酸化成分には「ビタミンC誘導体」や「ナイヤシン」などが有名です。

たるみの原因の1つ「乾燥」に対してもケアしておく必要がありますので、保湿成分が配合されているものを選びましょう。

化粧品選びのポイント

  • コラーゲンやレチノール配合のものか
  • 抗酸化成分の配合のものか
  • 保湿成分配合のものか

保湿成分や抗酸化成分には以下のようなものがあります。
化粧品選びの際に活用ください。

保湿成分
  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • 天然保湿因子(NMF)
  • スフィンゴ脂質
抗酸化成分
  • ビタミンC誘導体
  • ナイアシン
  • カテキン
  • リコピン
  • レスベラトロール
  • 油溶性甘草エキス(グラブリジン)
  • オウゴンエキス

成分表示を見て判断するには表記名が上記のものではない場合もあり、判断が難しいこともあります。
そんな時は、商品のパッケージやサイトなどでアピールしている成分の中にあるかどうかで判断することをお勧めします。

面倒な方はオススメの商品の中から、自分に合ったものを見つけてみてください。

大幅なセラミドの減少にも対抗する!

老けて見える原因には、ほうれい線以外のエイジングサインにあることもあります。
ほうれい線が気になり始めると、顔のあらゆる老化が気になり始める頃かもしれません。
または、年齢とともに肌が敏感になりはじめて敏感肌になった影響で老けて見えていることも。
その場合、セラミドが不足している可能性が考えられます。

セラミドが不足するとバリア機能が低下し、外部刺激などで肌トラブルが起きやすくなります。
バリア機能をサポートするためにも、エイジングケアのためにも保湿成分のセラミドを補っていきましょう。

ほうれい線ケアに大切なこと

ほうれい線ケアに大切なこと
ほうれい線ケアに大切なことは、ほうれい線などのエイジングサインのたるみは、コラーゲンの減少で起きていることを知っておくこと。
30歳から肌弾力は低下していきますので、スキンケアでケアはしっかりしたいものです。
また、40代になると今まで使っていた化粧品が合わなくなることも多いです。
自身の肌悩みに合わせた化粧品を選びなおす必要も出てくる方も多いので、40代の方は化粧品を見直してみましょう。

スキンケアの際に、手で上に頑張ってあげるケアをしても肝心なエイジングケアできる成分が入っていないと意味がありません。
肌の弾力やハリ感をアップさせるために、エイジングケアできる化粧品を選ぶことから始めなきゃいけないということを忘れないでください。

また、マッサージのやりすぎは肌によくありません。
ほうれい線やたるみが気になるからといって、上に引っ張るようなマッサージばかりしていると肌がダメージを負い、乾燥などを引き起こすと他のエイジングサインが肌に出てきたりと、悪循環に陥りかねないの、注意しましょう。

ほうれい線がきになる方には、おすすめの顔のエクササイズを記事の後半で紹介していますので、スキンケア以外でもケアをしたいという方はエクササイズにチャレンジしてみてください。

ほうれい線は日頃のケアを大事にして予防対策を!

ほうれい線は日頃のケアを大事にして予防対策を!
ほうれい線が気になる方は日頃のケアを大事にして、悪化させないためにも予防対策をしっかりおこないましょう。

日頃のケアで気をつけておきたいポイント

  • 保湿ケア
  • 冷え対策
  • 日焼け対策
  • 筋力

ポイントは上記4つ。
どんなことに気をつけていけばいいのか、具体的に1つ1つ紹介していきます。

保湿ケア

ほうれい線が気になる方は、保湿ケアは欠かせません。
保湿力の高い化粧品を使用して、乾燥から肌を守るケアをおこないましょう。
表面がかたい場合は、角質ケアをおこなってから保湿ケアをおこなうとなお良し。

とにかくまずは、肌を乾燥させないようにすることが大切です。
保湿ケアは欠かさずにおこないましょう。

日焼け対策

深いシワは、加齢や紫外線などの影響で肌の弾力に関わる組織がダメージを受け、弾力が失われることで顔にあらわれます。
そのため、日焼け止め対策もほうれい線ケアには欠かせません。

季節に関係なく、日焼け止めケアは年中おこないたいもの。
日焼け止めの数値(SPF/PA)が高いものを選べばいいというものではなく、自分のライフスタイルにあったものを選びケアをしましょう。

紫外線はシワ以外にも、シミの原因になりますので油断大敵です。

冷え対策

脂肪が多いフェイスラインは、むくみやすいため老廃物が滞り、たるみを助長します。
リンパの流れを良くするマッサージを加え、血行が促されるとすっきりとしたフェイスラインを目指すことができるでしょう。

そもそもなぜむくみができるのかといえば「冷え」
湯船に浸かっての入浴や、ウォーキングなどを日頃に取り入れるだけでも、巡りケアが行えますので、自分に合うものを取り入れて冷え対策をおこないましょう。

筋力

ほうれい線は、加齢に伴い筋力が衰えることも原因のひつとです。
そのため、顔の筋力アップを目指し、顔のエクササイズを取り入れることでほうれい線ケアをおこなっていきましょう。
ほうれい線ケアにはよく、表情筋を鍛えるために、口を大きく開けたりすることをおすすめしていることがありますが、これはかえって逆効果なのでやめましょう。
表情筋エクササイズは表情ジワを深くしてしまうのでNGです。

では、ほうれい線ケアにおすすめなエクササイズはなにをおこなえばいいのか、紹介していきます。

ほうれい線エクササイズ

  1. 舌ぐるぐる体操
  2. ペットボトル筋トレ
  3. マウスピース筋トレ

ではそれぞれ詳しいやり方を紹介します。

舌ぐるぐる体操

1.口を閉じたまま、上あごを舌で前後になぞります。
舌の奥の筋肉を使うイメージでおこなっていきましょう。

2.頬を同様に舌を動かしながら押していきましょう。
皮膚を伸ばすというより、頬やあごまわりの筋肉を鍛えるイメージでおこないます。

ペットボトル筋トレ

1.500mmlのペットボトルに少量の水を入れます。
はじめは空のペットボトルから初めてみてもOKです。

2.ペットボトルを上から見るようにし、唇だけでペットボトルの口を加え持ち上げ、10秒キープします。
これを3セット。慣れてきたらペットボトルの水を少し増やし鍛えていきます。
※あごの関節に痛みがある方はおこなわないでください。

マウスピース筋トレ

1.マウスピースを口の中に入れず、上下の唇の間にはさみ、口を「い」の形にします。

2.唇の横の筋肉に意識を向け、ゆっくりと唇を縮め「う」の形にします。
この時に口先を突き出さないようにしましょう。
口を「い」と「う」の形にするエクササイズを1日3分程度を目安におこないましょう。

ほうれい線がきになる方は、まずは肌の弾力感をアップさせるための保湿成分や抗酸化成分をスキンケアで補い、もっと取り組みたい方は顔のエクササイズで巡りケアや筋力アップをはかり、ほうれい線ケアと同時に、すっきりとしたフェイスラインを目指していきましょう。

くれぐれも表情ジワを深くする表情筋のエクササイズは禁物。
また、フェイスアップしたいからといって、美容液やクリームなどを塗り、上へ持ち上げるマッサージもやりすぎると逆効果なので気をつけてくださいね。

顔のエクササイズは慣れるまでは大変だと思いますが、未来の自分への投資だと思って頑張りましょう!

悪化させないためにも、ほうれい線ケアで気をつけたいNGなこと

オイリー肌の洗顔料を見直そう!気をつけておきたい大事なポイントを今すぐCHECK! NGなこと
ほうれい線が気になる方は、悪化させないためにも次の行動は気をつけておきたいNGなことです。
無意識にやっていないかチェックしてみましょう。

ほうれい線ケアでNGなこと
× ナイトクリームを朝も使用する
×マスクシートの長時間使用

なぜNGなのか、1つ1つみていきましょう。

ナイトクリームを朝も塗る

ナイトクリームは、夜につけるように作られています。
なぜなら、紫外線に弱い成分が使用されていることが多いからです。

そのため、日中に使用してしまうとせっかくの美容成分が力を発揮できなくなります。
ナイトクリームは夜塗ってケアをしていきましょう。

マスクシートを長時間つける

マスクシートを長時間使用すると、肌の水分を奪われ乾燥してしまいます。
ほうれい線ケアには保湿ケアは欠かせないため、肌の乾燥は良くありません。

美容成分を肌にたっぷり与えたいからと、長い時間使用すればそのぶん肌に効果があるようなイメージがありますが、使用目安時間以上使用してしまうと、逆効果なのでやめましょう。
使用目安時間を守って使うようにしてくださいね。

以上がNGなことです。
2つともなんとなく良さそうだからと、やってしまいがちなことなので注意しましょうね。

深いほうれい線をなんとかしたい方は

深いほうれい線をなんとかしたい方は
深いシワができてしまった場合、スキンケアで対策をするには限界なものもあります。
エイジングケア化粧品以外でもなんとかしたいと考えている場合は、ヒアルロン酸注入やボトックスなど美容クリニックでの施術での対策が有用です。

利用する場合はクリニックをあらかじめ調べ、比較検討してクリニックを決めたら医師と納得するまで相談し利用してください。

ヒアルロン酸注射

シワやほうれい線に注入することで溝を埋め、シワを目立たなくさせる施術です。
塗る麻酔を使うので注射の痛みはないが、駅が体内に入っていく時に痛みを感じることもあるようです。
費用の目安は40,000円〜90,000円

ボトックス

筋肉の動きをブロックするするボツリヌス菌毒素を注入することで、主に表情ジワを防ぐ施術です。
ヒアルロン酸注射と同じで、液体が体内に入っていく時に痛みを感じることもあるようです。
費用の目安は5,000円〜60,000円

まとめ

40代から特に気になるほうれい線。
30代前後くらいから気になってくる方もいますよね。
エイジングケアできるスキンケアでしっかりケアをしていきましょう。

保湿ケアや紫外線ケア、日頃から冷え対策をするなどのケアもプラスすればバッチリ。
ほうれい線ケアにおすすめの美容液やクリームも厳選しましたので、日頃のスキンケアにぜひ検討してみてくださいね。

エイジングケアに手遅れということはありません。
いつまでも若々しいハリ感のある肌でいられるようにほうれい線ケアやエイジングケア、今から初めてみませんか?

 
プモアトライアルセット
ほうれい線が‥気になり始めたら!ほうれい線ケアのできる美容液で徹底ケアを

お気に入りをシェア