そのいちご鼻は「クレンジング」が原因かも!毛穴の黒ずみの原因”乾燥”を自分で作っていませんか?

そのいちご鼻は「クレンジング」が原因かも!毛穴の黒ずみの原因”乾燥”を自分で作っていませんか?

大きく目立ってしまった毛穴、いちご鼻や毛穴の黒ずみなどは毎日鏡をみて肌を確認しているとやっぱり気になりますよね。
なんとかしたい!と思っている方は多いと思います。

そこで、ちょっと考えて欲しいのが毛穴の原因。
もしかしたら、あなたが使っているクレンジングが原因で、その気になる毛穴たちが作られているかもしれません。
クレンジングはなんとなく良さそうなものを選んでしまっていた。なんていう方は、自分がどんなクレンジングがあっているのか、毛穴に良くないクレンジングを選んでいないかを確認してみてください。

角栓や黒ずみが目立ちやすくなる「毛穴の乾燥」とは


毛穴のトラブルの多くは毛穴の「詰まり」と「開き」が原因です。
黒ずみなどは特に気になる毛穴トラブルですよね。

その黒ずみは、毛穴が乾燥してできたものかもしれません。
あれ?でも冒頭では毛穴の「詰まり」と「開き」って言ってなかった?と思いますよね。
その謎をこれから紹介したいと思います。

角栓をつくる「過剰な皮脂分泌」

毛穴に悩まされる方の多くが悩んでいる「角栓」厄介ですよね。
まず、角栓というのは皮脂腺から分泌された皮脂や周囲の角質が毛穴の中で詰まったものなんです。

よって、過剰な皮脂分泌には毛穴を詰まらせる原因になります。
ではなぜ乾燥が過剰な皮脂分泌につながるのでしょうか。

ゴシゴシ肌をこすってしまったり、洗顔やクレンジングをやりすぎていたり、または肌に刺激の強い、洗浄成分やアルコールが多く配合されているクレンジングや洗顔を使うことで肌から皮脂を取りすぎてしまうと、乾燥から守ろうとして、肌は皮脂を分泌させようと頑張ってしまいます。

そのため、次に紹介する乾燥による「過剰皮脂」に繋がります。

黒ずみの原因は乾燥による「過剰皮脂」

「インナードライ肌(乾燥性脂性肌)」と呼ばれる肌質の方は、乾燥しているのにテカリやベタつきが気になるという肌を持っていますよね。

この肌質の方は、肌が乾燥から守るために皮脂を分泌させようと頑張ります。
ではなぜ、これが黒ずみにつながるのかというと、この分泌した皮脂は肌が乾燥しているために、古い角質と過剰な皮脂が毛穴を塞いでしまうんです。
この毛穴をふさいでしまった古い角質と皮脂が排除されずに酸化することで、黒ずみは生まれます。

毛穴シミの原因にもなる「酸化」

黒ずんだ毛穴は、古くなった角質や余分な皮脂が排除されずに酸化して生まれたものですが、実は紫外線による影響も受けます。
そこで、毛穴の毛穴の酸化防止のためにもUVケアをすることが大切になってきますが、皮脂が多い箇所は日焼け止めが落ちやすいので、こまめに塗り直すケアも必要になります。

また、黒ずんだ毛穴は、毛穴のくぼみやその周辺に色素沈着を起こしているケースが多いので、「美白」ケアも取り入れましょう。
毛穴自体の大きさは変わらなくても、毛穴まわりを美白できれば、存在感はかなり薄らぐはずです。

その黒ずみは影かも!

毛穴が乾燥することで、毛穴の影が黒ずみに見えるケースがあります。
ただ、影だからと甘くみてはいけないのが毛穴のポイント!

皮脂は常に分泌されているので、常に毛穴の黒ずみと戦わなければいけなくなります。
毛穴の影は、肌のキメを乱れさせてしまい、凹凸を作る原因になるんです。
その結果、黒ずんで見えるわけです。

毛穴を目立たせる加齢による「たるみ」

毛穴を目立たせてしまう原因に「たるみ」があります。
この「たるみ」も乾燥により悪化させている可能性があります。

たるみ毛穴のケアをアプローチしている化粧品などもあるくらい、実は毛穴のたるみは侮れません。
毛穴のたるみは、加齢に伴い減っていく肌のハリや弾力などの力が弱まり、重力に逆らえなくなり引っ張られて毛穴が開き目立つようになります。
たるみ毛穴は長細く変形して「ほうれい線」になることもあるので、油断できません。

こんな大変な事態にならないためにも、肌が乾燥しないように保湿ケアが大切になってくるのです。

乾燥が原因の「目立つ毛穴の黒ずみ」には、洗いすぎないクレンジングがポイント

そのいちご鼻は「クレンジング」が原因かも!毛穴の黒ずみの原因”乾燥”を自分で作っていませんか?
乾燥が毛穴の原因になる理由がわかったところで、次は「クレンジング」です。
皆さんはクレンジングをどのようにして選んでいますか?
実は、このクレンジング選びが大事なポイント!
もしかしたら、知らず知らずにのうちに毛穴の乾燥を自分で作っているかもしれません。

いちご鼻に悩んでいる方、どうやってクレンジング選んでますか?

いちご鼻さんはどうやってクレンジングを選んでいますか?
では早速クレンジングをどう選ぶかを紹介していきたいと思います。
まず、これを使えばみんな大丈夫!なんていう全ての肌質を改善させますよ!なんていうものは存在しません。
なぜなら、人それぞれ肌質や抱えている悩みが違いますので目的にあったものを自分で選ぶことが大事です。

クレンジングには様々なタイプがあります。
毛穴ケアに関しておすすめのものも紹介していきますが、選び方からじっくりと読んでみて、自分はこのタイプのクレンジングがいいかも♪というものを見つけてみてください。

毛穴の黒ずみ対策クレンジングの選ぶポイントは「メイクの濃さ」

クレンジングを選ぶときに考えて欲しいのが、メイクの濃さです。
メイクをしっかりするタイプの方は「オイル」や「リキッド」タイプのものがおすすめですが、少し肌への刺激が強くなります。
ほどほどかなぁという方は「クリーム」や「ゲル」タイプがおすすです。

毛穴のことを考えると、メイクを浮かせるための界面活性剤が一番多い、拭き取りタイプのシートのクレンジングはおすすめできません。
簡単で便利でしっかりと拭き取れるから使用しているという方も多いと思いますが、毛穴をゴシゴシするのは黒ずみを生む毛穴の乾燥の原因になるという理由から、常に使用するのは避けましょう。
急な泊まりで必要だったとか、緊急のスポット対策としてならセーフ。
(でもその時もゴシゴシしたり、無駄に肌に刺激を与えないようにしてくださいね!)

また、だいたいメイクはほどほどだけど、目や口元だけはウォータープルーフなどでしっかりとメイクするという方は、専用のクレンジングを別に使うようにしましょう。

4つのクレンジグと特徴で選ぶ

メイクの濃さから自分がどのタイプのものを選べばいいのかだいたいわかったところで、それぞれのクレンジングのタイプを細かく紹介していきます。

クレンジングの種類 オイルタイプ

オイルタイプのクレンジングは、濃いメイクでもスルッと落とせるタイプのクレンジングです。
オイル自体にメイクを落とす力がありますが、界面活性剤も多めに含まれています。皮脂も一緒に落としてしまうという特徴があるので、黒ずみを生む毛穴の乾燥が進んでいる人にはおすすめできないんです。
オイルタイプは一番人気なのに、実は毛穴ケアを考えるとおすすめはできないんです;
メイクの濃い日にだけ使用するなどの工夫が必要です。
肌質がノーマルタイプの人におすすめ

クレンジングの種類 リキッドタイプ

リキッドタイプのクレンジングはオイルクレンジングよりもさらっとしています。
もっとも洗浄力が強いのが「オイル」タイプで2番目が「リキッド」タイプと言われていますが、製品によって洗浄力が変わるので、肌への刺激もオイルクレンジングと並ぶものも販売されています。
リキッドを選ぶときは、肌への刺激を考えて、製品をよくみてから購入しましょう。
肌質がノーマルタイプの人におすすめ

クレンジングの種類 ゲル(ジェル)タイプ

ゲルタイプは、さっぱりとした洗い上がりが特徴的なクレンジングです。
メイクを落とす力は普通くらいですが、皮脂を奪い去りやすいものもあるので、この点が要注意です。肌質がオイリー肌、ノーマル肌の人におすすめ

クレンジングの種類 クリームタイプ

クリームタイプのクレンジングは、油分が多く界面活性剤が少ないタイプのクレンジングです。
肌に優しく、油分が多いため乾きにくいのが特徴です。
油が残りやすいので、クリームタイプでクレンジングを行うときはティッシュオフしてから洗い流すようにしましょう。
肌質がドライ肌、インナードライ肌、ノーマル肌の方におすすめ

どのクレンジングが毛穴をスッキリさせる?クレンジングの選び方

毛穴の乾燥からくる黒ずみの原因は、皮脂とインナードライ肌が関係していました。
毛穴のケアを考えると、紹介したクレンジングの中では「クリームタイプ」のクレンジングがおすすめになります。

ただし、クリームタイプのものは肌への刺激が少ない分、メイクを浮かすための界面活性剤が一番すくないんです。
日頃使いには確かにおすすめなんですが、自身のメイクの濃さも考慮して選んでくださいね。
ある程度メイクをするよ、という方は「ゲル」タイプがおすすめかと思います。

続けやすい価格を目安に選ぶ

クレンジングは、メイクをする方は必ず使いますよね。
いくら毛穴をどうにかしたいからといって、あまりに意気込んで高いものを選んでしまうと続けられなくなります。
3000円前後のものがいいと言われていますが‥
その前に、自分の肌質や日頃のメイクを考えて続けやすいものを選ぶ方がいいと思います。
お金をかけるのであれば、美容液やクリームなど化粧水の後に行うスキンケアにお金をかける方がおすすめです。

肌への負担を考えて界面活性剤は最小限に!

肌への負担を考えて、ちょっとだけ界面活性剤について紹介したいと思います。
界面活性剤の種類には次のようなものがあります。

【界面活性剤の種類】

  • 陰イオン(アニオン)性界面活性剤(メジャーな洗浄成分)
  • 陽イオン(カチオン)性界面活性剤(殺菌力は◎)
  • 陽イオン、陰イオンの補助的役割をもつ両性界面活性剤
  • 非イオン(ノニオン)性界面活性剤(肌への刺激が少ない)

肌を傷めにくいクレンジングに適した界面活性剤の成分
非イオン性界面活性剤は肌への刺激が他より少ないため、洗顔料やクレンジングに使用されていることが多いようです。

「毛穴のケア」のためのクレンジング方法

そのいちご鼻は「クレンジング」が原因かも!毛穴の黒ずみの原因”乾燥”を自分で作っていませんか?
クレンジングの選び方がわかったところで、次はクレンジングの方法です。

基本的に、メイクを落とすときはW洗顔をしましょう!
W洗顔というのは、クレンジングでメイクを落とし、洗顔で顔を洗うことです。
この基本の流れができていれば、クレンジングはバッチリですが、「毛穴のケア」のためを考えるともう少しだけ工夫が必要です。

「毛穴のケア」のために日頃行いたいクレンジングの2つのポイントを紹介していきます。

1.目元&口元は専用リムーバーで落とすを基本に

クレンジングの基本となるのは、ポイントメイク!
ポイントメイクというのは、あるワンパーツを重点的にメイクをすることで、目や口など、しっかりとメイクをするポイントが女の子にはあると思います。
このワンポイントメイクを落とす時に使用することを前提にクレンジングを選んでいませんか?

これが大きな間違い。
クレンジングは肌質によって自分にあうものが決まりますので、この時にポイントメイクを落とすのを考えてオイルクレンジングをついつい選びがちになってしまうんです。
なので、そうではなくポイントメイクは専用のリムーバーで落とすことをまず取り入れましょう!
ポイントメイクを落とすクレンジング、肌のメイクを落とすクレンジングを使い分けることで「毛穴ケア」につながります。

2.ポイントメイクを落とす時は「摩擦しない」がルール

ポイントメイクでもう一つ重要なのは「摩擦しない」こと。
しっかりメイクしたからついつい擦ってしまいたくなるかもしれませんが、摩擦はお肌にも毛穴にもよくありません。
たっぷり専用リムーバーを付けたコットンをポイントメイクに当てて優しくオフしましょう。

また、ポイントメイクだけでなくメイク落としをするときも肌をゴシゴシ擦ってしまうのはよくありません。
メイク落としの時は「摩擦しない」を新ルールに取り入れて、毎日のグレンジングをするのがおすすめです。

「いちご鼻」はクレンジングだけでなく、基礎化粧品でもしっかりケアを!

毛穴が目立つ「いちご鼻」
クレンジングを見直すことも大事ですが、やっぱり日頃のスキンケアでもしっかりとケアをしていく必要があります。
そこで、毛穴のケアのために知っておきたいポイントを2つ挙げるとすれば、ビタミンC誘導体の化粧品と、セラミド配合化粧品です。

ビタミンC誘導体の化粧品

ビタミンC配合の化粧品には、皮脂の分泌を若干抑える作用があり、毛穴の詰まりの予防になります。
また、ビタミンC誘導体には、コラーゲンを増やす作用もあるようなので、肌の内側から弾力ケアにもつながり毛穴の開きを防ぐ効果にも期待ができるので、「詰まり毛穴」と「たるみ毛穴」のケアにおすすめです。

化粧品の成分表示に次の表記があるものを選ぶと良いようです。

  • リン酸アスコルビル
  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

ビタミンC誘導体化粧品で日頃しっかりとケアをすることが基本ですが、より上のケアを望んでいる方は週に1〜2回のイオン導入を行うこともおすすめです。

セラミド配合

冬になると毛穴が目立っている気がするという人は、乾燥毛穴の可能性が大きいです。
そんな乾燥毛穴の人は、セラミド配合の化粧水や美容液で角質に水分を与え、さらに水分を逃がさないように乳液やクリームを使ってケアをしましょう。
肌のキメを整えていくことで、毛穴を目立たなくするのを目指しましょう。

NGケア

いちご鼻の人のためのクレンジングでのNGケア
毛穴を目立たせてしまう要因は様々ですが、もしかしたら良かれと思ってやっていることが作り出しているかもしれません。
日頃いいと思ってやっていたことがNGケアだった!ということも少なくありません。
もしかしたらやってしまっているかもしれないNGケアを確認してみましょう。

毛穴が広がる原因になる「やってはいけない毛穴・角栓ケア」

では早速、毛穴のケアに関して日頃やっているものがないかチェックしてみましょう。

次にあげるものは全てNG行為です。



NG行為していませんでしたか?
毛穴パックは、毛穴ケアを考えるとお勧めできません。
毛穴パックで一気に取り除くことよりも、クレイパックでのケアがおすすめです。
焦って綺麗にしようとしても、余計に酷くしてしまうこともあるので、焦らずケアをし続けましょう。

どうしても毛穴パックをしたいという人は、その後の保湿ケアは絶対に忘れずに!
水分補給(化粧水)して油分(乳液やクリーム)でフタをする、を必ず行ってくださいね。

毛穴の黒ずみを作らない生活習慣も大切に

いちご鼻クレンジング 食事で気をつけること
毛穴の黒ずみを作らないために、日頃の生活習慣も少しだけ見直してみましょう。
まず大事なのは「食事」、そしてもう一つは「運動」です。
自身の生活の中で少しずつでもいいので取り入れてみてください。

食べ物でケア!過剰皮脂を抑える食べ物とは?

まず、食べ物からケアをしていきましょう!
毛穴からの皮脂をコントロールするためにも摂っておきたい食べ物はズバリ!
ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6

ビタミンCを含む食材
レモン、オレンジ、パプリカ
ビタミンB2を含む食材
豚、牛、鶏レバー・うなぎ・納豆・卵・ブリ
ビタミンB6を含む食材
鶏ささみ・マグロ(赤身)・サンマ・玄米

日頃、食べているものはありますか?
全然食べてなかったかも‥という方は意識的に日頃の食事で摂るようにしてみてください。

適度な運動で汗をかいて

いちご鼻クレンジング 適度な運動もおすすめ
適度な運動は毛穴ケアにもおすすめです。
運動は毛穴だけでなく、肌にもとってもいいことなので日頃から運動をするようにチャレンジしてみてください。

今まで運動を全くしてこなかった人が急に激しい運動をしてしまうと体にもよくありませんし、何より続かないと思いますので、初めはウォーキングやストレッチから始めてみるといいと思います。

まとめ

クレンジングによる乾燥が、目立つ毛穴の原因になっているかもしれません。
「なんとなく選んだクレンジング」じゃなく、「自分の肌にあったクレンジング」を選んで、毛穴対策していきましょう!

毛穴のケアもたくさん載せましたので、黒く目立っている(特にいちご鼻)毛穴に悩んでいる方は、日頃のケアに取り入れて、焦らずじっくりとケアを続けてみてください。

今よりももっとその顔が好きになれるよう、顔ラブではみなさんのお役に立てるような情報を配信していきますので、一緒に頑張りましょう♪

 
ベルタこうじ生酵素
そのいちご鼻は「クレンジング」が原因かも!毛穴の黒ずみの原因”乾燥”を自分で作っていませんか?

お気に入りをシェア