健康な肌の敵!! 意外と知らない?「内的要因と外的要因」

健康な肌の敵!「内的要因と外的要因」

肌が荒れるのは体の外からの影響だけだと思っていませんか?
いくら頑張っても、肌が改善していると思えずに諦めている人は、今こそ体の内側に潜んでいる敵にも目を向けてみてください!
知らず知らずのうちに蓄積して、ダメージを受けているものの原因を知り、毎日の生活を見直してみましょう。

肌が受ける内側の敵!「内的要因のTOP5」

健康な肌の邪魔する肌の敵、あなたはに思い当たるものがこの中にありますか?
体の中から肌へダメージを与える、以下の敵、TOP5に該当するものがありますか?

内的要因のTOP5





あなたに当てはまるものはどのくらいあったでしょうか?
全部当てはまる!という方‥そろそろ日頃の生活を見直してみるチャンスです。
綺麗な肌になりたいのであれば、内側からダメージを与える敵を作らないよう少しずつ改善していきましょう!

では、それぞれの肌の敵がどのように私たちに影響を与えるか、少し詳しくご説明します。

活性酸素

肌をサビさせる活性酸素は、肌本来の働きができなくなる上、老化も加速させる大敵!
紫外線やタバコ、ストレスなどをきっかけに活性酸素が体内で作られると、あらゆる細胞に攻撃的になり、細胞を酸化させサビさせます。
この酸化が原因で、肌本来の正常な働きが鈍ったり、役目を果たせなくなってしまいます。
するとどうなるか…「肌の老化が加速」「シミ」「シワ」「たるみ」などのエイジングサインが肌に現れてきます。
健康な肌を保つためには、この活性酸素から細胞を守ることはかなり重要になると言えます。
また、活性酸素はガンなどの病気の引き金になるとも言われているので、体の健康のためにも対策を考える必要があります!

栄養不足

栄養不足って‥今の世の中食べ物に困っているわけでもないのに、そんなことあるの?と思っていませんか?
多くの人が、自分は大丈夫と思いがちですが、間違った食生活を平気で続けていると、美肌にはなれません!
私たちの体はたくさんの細胞でできています。
その細胞がいきいきとと立つためには、やっぱり栄養ば必要なんです。
栄養を与えているのは肌だけではなく、筋肉や内臓などにも送らなければいけませんよね。
手軽なものでお腹いっぱいになっているからOKなんていう生活で、肌に栄養が送られると思いますか?
ビタミンやミネラル、炭水化物も適度には必要です。
5大栄養素を中心にバランスよく食べることが大事です。
食事を改善したい!という方は、別記事で詳しく紹介していますのでそちらを参考にしてみてください。

ストレス

ストレスは、活性酸素で説明したように、肌を健康に保つための細胞を攻撃する活性酸素を作る原因になります。
活性酸素によるサビで肌に悪影響を与えるほか、ストレスを感じると人はそのストレスに対処しようと副腎皮質ホルモンというものを多く消費します。
もともと体内で発生した炎症を鎮めるために分泌されるものが、ストレス対策で多く使われてしまうと肌に炎症が現れやすくなります。
また、ストレスは女性ホルモンなどにも影響を与えてしまうので、その結果水分と油分のバランスが乱れて乾燥したり、ニキビができやすくなるといったことにもつながります。

血行不良

女性に多い「冷え」また「運動不足」などで血液を循環する力が弱まると、この敵はやってきます。
血行不良は、栄養が細胞に運ばれずに肌がスカスカになります。
また、正常なターンオーバーが行われずに、古い角質が肌の表面に留まり、くすんで見えることにもつながります。
健康な肌は健康な細胞があってこそ作り出されるもの。
栄養の運搬を妨げる血行不良には要注意です。

睡眠不足

睡眠がなぜ必要かというと、細胞がその日に受けたダメージを修復するため。
この修復が十分に働くことができずに細胞にダメージが残ったままだと、細胞を活性化させることができずに、いきいきとした肌にはなれません。
睡眠は毎日6〜7時間ほど、規則正しく取ることが大事です。
さらに、寝る前にはスマホを見るのをやめるのも大事。
脳が刺激されて快眠の妨げになるのもよくありませんからね。

TOP5以外にも気をつけたいもう一つの敵!「糖化」とは?
あまり知られていませんが、皆さんは「糖化」という言葉をご存知でしょうか?
「糖化」は内的要因TOP5とは別に気をつけておく必要がある敵です。
糖化は簡単にいうと”炭水化物”の取りすぎで起こります。
たんぱく質に糖がくっついて起こる”糖化”は弾力を司るコラーゲン繊維が変性して、硬くなります。
そして、糖化の時にできる物質は黄色いので、肌の黄ぐすみの原因にもなります。
炭水化物が大好きな方、甘いものやお酒が大好きな方は注意が必要な敵です!


※黄ぐすみ
糖化により、肌が黄ばみくすんだ状態。
なんだか全体的に顔が黄色くなっているような気がしたら、注意して。食べているものを少し見直してみてください。

肌が受ける外側からの敵「外的要因」

現在、私たちは生活をする上で外出をしないということができません。
外出をすれば、強い紫外線やPM2.5などの大気汚染を避けて生活することはできませんよね。
肌が外側から受ける影響はどこにあるのか、何が影響するのかを知って、適切な対策を行えば、健康な肌を守ることができます。
老化を進める要因を突き止めて、外からの敵の攻撃も防ぎましょう!

まず気をつけたいのは以下の4つ

  • 紫外線
  • タバコ
  • 乾燥
  • 大気汚染

この中でも一番肌へ影響を与えているのはなんだと思いますか?
それは‥紫外線です。
紫外線は肌トラブルの諸悪の根源です。
その他の3つも、肌が受ける影響は大きいです。それぞれがどのように影響するかを詳しくご説明します。

紫外線

実はこの紫外線、肌に及ぼす影響としてはダントツなのです。
老化の8割が紫外線が原因とも言われていて、紫外線を浴びるとDNAが傷つき、睡眠中の修復で肌を戻すことのできる人間の体でも、加齢で修復能力が落ちていたり紫外線を浴びすぎると、修復が追いつかず様々なトラブルにつながります。
その中でも乾燥が進み、肌のバリア機能が低下すると、紫外線からDNAを守ろうとして生成されたメラニンの量が増えて、シミやくすみの原因になります。
また、真皮にあるコラーゲンやエラスチンなどが破壊されるとハリや弾力をキープする力が弱まり、シワやたるみの原因にも。
紫外線が肌に及ぼす影響は、絶大なものです。
紫外線対策は夏だけでいいと考えている人は、これを機に見直していただければと思います。

タバコ

タバコは、内側からの敵でも出てきた”活性酸素”が体内で作られます。
なので、吸っている人はもちろん肌によくありませんが、なぜタバコが外側からの敵かというと、それは受動喫煙者に大きく影響してくるから。
受動喫煙というのは、周りにタバコを吸っている人がいて、その煙を吸ってしまっている人のこと。
近くで吸っているタバコの煙というのは、肌の大敵である活性酸素を発生させます。
というと‥自分が吸っていないにもかかわらず、近くで誰かが吸っているタバコの煙を吸ってしまったために、肌に悪いことを無意識にしてしまっているのです。
この煙を除去しようとして、体が頑張ると健康な肌を作るための栄養が足りなくなってしまいます。
すると、新しい細胞を作ることもできなくなり、老化が進むのです。
タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させ、血液の酸素運搬能力がダウンします。
血流が悪くなるので、タバコには肌にいいことが全くありません。

乾燥

乾燥はなんとなくよくないよね。なんて思っている方、もう少し自分の肌を優しくいたわってあげましょう。
乾燥が進むと、肌のバリア機能が低下し、外的の刺激がどんどん侵入しやすくなってしまいます。
外からの一番の敵、紫外線の影響をどんどん受けてしまいます。
また、紫外線だけでなくウィルスが肌の中に入り込んで炎症を起きやすい状態にもしてしまうので、注意が必要です。
シワやくすみ、吹き出物などにつながりますのでいいことは一つもありません。

大気汚染

排気ガスや花粉、黄砂、PM2.5。
私たちの日常で出会うこれらは、肌に触れるとアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
そうすると、炎症を起こして肌のバリア機能が弱まります。
その結果、赤みが出たり、ヒリヒリすることも。
これらの炎症を鎮めようとして免疫機能が使われると、健康な肌のために使われなくなり、肌はいつもなんとなく不調、という状態になりがちです。
アレルギーが出る時期は、なんとなく体調もよくありませんよね。
大気汚染は、体にも入り込むのでアレルギーを鎮めようとするために免疫が使われているからなんです。
そんな人は、肌には栄養が送られていません。アレルギーの対策は、薬を飲んだりすることの他にもスキンケアを大事にする必要があるということも忘れないようにしてくださいね。

外からの敵は内側からの敵にもつながるものもありましたね。
体に栄養を送ることはとっても大切だということと、加齢による肌の修復能力が弱まるので、スキンケアももちろん大切です。
自分の肌へ影響を与える、内側からの敵と外側からの敵をまずは知って、肌を守っていきましょう!

いいと思ってやっているスキンケア、もしかして勘違いかも?

実は、外から受ける影響の根元が自分の場合があります。
それは勘違いスキンケアです。
良かれと思い込み、勘違いで行っているスキンケアは将来とんでもないことにつながる可能性もあります。
話題のものが出ればすぐに飛びつき、あってもいないものを長く使用していることもあります。
肌のためにと思ってお手入れしているつもりでも、ちょっと間違えると大問題になります。
洗顔ひとつとっても、メイク汚れが落としきれていない状態だと、毛穴が詰まってニキビが発生します。
メイクを落とすということだけでも間違っている可能性があるんです。
なのでここでちょっとチェック!自分に当てはまるものがないか確認してみてください。
該当するものがある方は、今すぐやめて。

【チェックリスト】




該当する項目がありましたか?
ひとつだけでも当てはまっとという方は、今すぐにやめましょう!
熱いお湯で洗うと、乾燥しやすい肌になります。
タオルで顔をゴシゴシ拭けば、摩擦で色素沈着を起こす可能性も。
肌に水分補給をすればOKと考えているだけだと、油分が足りずに乾燥が進みます。
(オイリースキンの方は、油分の与えすぎには気をつけてください。)
UVケアが必要なことは、紫外線がどれだけ肌に影響を与えるかを考えればもうお分かりですよね。
マッサージグッズの使いすぎは、肌の機能を保つために必要な真皮の組織を壊してしまい、将来的にたるみにつながります。
良かれと思って頑張ってやっていることも逆効果につながることも知っておいてください。
スキンケアはとても大事です。
しかし、自分に合っていないものを使用したり勘違いスキンケアを行っていると、いつまでたっても健康な肌にはなれません。
自分にあったスキンケアの方法を見つけたり、自分の肌荒れの原因を知ることで改善策をとっていきましょう!

 
優光泉
健康な肌の敵!「内的要因と外的要因」

お気に入りをシェア