ニキビがあるときに使えるファンデーションって?おすすめとメイク方法

ニキビがあるときのメイク、ちょっと悩みます。
ニキビによくないんじゃないかとか、やっぱコスメ変えたほうがいいの?など、特にファンデーションって、ニキビに直接触れるものですから悩む方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなニキビが肌にあっても使えるファンデーションについてまとめました。
どんなファンデーションを使ったらいいのか、ニキビを隠すメイク方法など、ニキビができてしまっても使える方法が満載です。

大人ニキビでも思春期ニキビでも、 どちらのニキビがあっても使えるファンデーションを紹介します。
実際に使ってみたレビューも載せていますので、ぜひそちらもチェックしてみてください♪

ニキビがあっても使えるファンデーションとは?

ニキビがあっても使えるファンデーションとは?
ニキビって、大きな原因としては毛穴の詰まりが大きな要因ですよね。
なので、ニキビができると『ファンデーションを使うと毛穴が詰まってしまうんじゃないか』と心配してしまう方多いと思います

しかし、最近のファンデーションは進化しているので、毛穴に詰まる心配はほとんどありません。
ただしファンデーションの選び方を間違えると悪化させてしまうことがあります。

なので、 ニキビ肌の人はメイクをするときには最低限のポイントをおさえておく必要があります。
その最低限のポイントとはなんなのかを、これから紹介していきます。

ニキビがある時に使うファンデーションは2つのポイントをCHECK!

まずはメイクに使用するファンデーションについて。
最近のファンデーションは毛穴に詰まる心配はないんですが、どのファンデーションでもいいかというとそうではありません。

ニキビがあるときは次の2つのポイントをおさえたファンデーションを使用しましょう。

  • パウダータイプのファンデーション
  • ニキビ予防の対策がしてあるもの
この2点をおさえておけばバッチリです。

ファンデーションの種類として、ニキビがあるときに使うファンデーションはパウダータイプが理想的です。
なぜなら、油分の多いクリームタイプのファンデーションを使うと悪化させてしまう可能性があるためです。

また、 後ほどニキビを隠すメイク方法で詳しく紹介しますが、ニキビを隠すために下地やコンシーラーを使用します。
そのときに、厚塗りにならないためにもパウダーファンデーションが適しているんです。

そして、ニキビ対策がしてあるファンデーションなら、より最適!
最近ではニキビ対策がしてある、薬用のファンデーションというものがあります。
ニキビ肌の人は、普通のファンデーションよりもニキビ対策がしてあるファンデーションを使うほうがいいでしょう。

では、その薬用のファンデーションって何?という方のために、おすすめの薬用ファンデーションを紹介しておきたいと思います。

中でもおすすめなのが薬用ファンで「dプログラム」

dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション

dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション

ニキビがあるときに使えるファンデーションといえば、dプログラム!
薬用有効成分が配合されているため、医薬部外品にあたるファンデーション。
SPF17・PA++なので、UVケアもカバー。
紫外線吸収剤は不使用です。

有効成分は次の2つ

グリチルリチン酸ステアリル ニキビ予防
トラネキサム酸 肌荒れ予防

メイクするたびに素肌までキレイに!
ニキビや肌あれの時にも使えるファンデーションですが、敏感肌の方でも使えるように開発されている点も肌への優しさが感じられてポイントたかいです♪

dプログラムはまだ手が届かないという学生さんには「インテグレート」

dプログラムは十分手軽に購入できる価格ですが、コスメを揃え始めた方や学生さんなんかはもう少し価格が安いものの方が嬉しいですよね。
そんな人は、インテグレートがおすすめです。

インテグレート ビューティーフィルター ファンデーション

インテグレート ビューティーフィルター ファンデーション

ミネラルオイル配合で、肌に吸いつくようにフィットして、粉っぽさのない一体感のある仕上がりを持続。
肌に負担をかけずに肌をしっかりと守ります。

インテグレートは1つだけ欠点があります。
それは、紫外線対策ができないんです。

最近ではほとんどのファンデーションが紫外線防止効果といってSPFやPAの値が表記されていますよね。
なので、当たり前にファンデーションでUVカットしてくれるものが多いんですが、こちらで紹介したインテグレートはその効果がありません。

なので、日焼け止めでしっかりと紫外線対策をしてくださいね。

ニキビを隠すベースメイク

ニキビを隠すメイク方法とは?
具体的にニキビを隠したい時にするメイクの方法を紹介したいと思います。

ニキビを隠す!メイク方法

ニキビを隠すためのメイクを2つご紹介します。

赤ニキビを隠すメイク方法

赤ニキビを隠すメイク方法
赤みのニキビを隠す場合は、色味を補正してあげるメイクをします。

用意するもの:緑色の下地(薬用 スキンケアベース CCブルーグリーンなど)
dプログラム薬用CC

  1. 赤みが気になる部分に緑色のCCを塗る
  2. その上からファンデーションをのせて仕上げる

これだけでOK!簡単ですよね♪

ただ、下地だけではカバーできない赤みもあると思います。
そんな時は、コンシーラーをプラスして使用してください。
緑色のCCを塗った後に、コンシーラーを塗ってファンデーションで仕上げをします。
コンシーラーの使い方は、次で紹介する凹凸のニキビを隠すメイク方法と同じやり方です。

凹凸のニキビを隠すメイク方法

凹凸のニキビを隠すメイク方法
凹凸のニキビを隠す場合は、コンシーラーを使用して肌をフラットに整えるメイクをします。

用意するもの:コンシーラーとコンシーラーブラシ
凹凸のニキビを隠すコンシーラー

  1. 凸感が気になる部分に1回り大きめにコンシーラーをのせる
  2. コンシーラーブラシでなじませる
  3. 上からファンデーションをのせて仕上げる

ポイントはコンシーラーブラシを使用するということです。
指ではムラになってしまうものも、コンシーラーブラシを使うことでなじませることができるので、ぜひ試してみてください。

また、ニキビ跡にならないためにも使うコンシーラーはビタミンC誘導体配合のものだとベストです!

ニキビを隠すベースメイクで使いたい下地とコンシーラー

ニキビを隠すベースメイクの方法で下地とコンシーラーが出てきましたよね。
この時に使うアイテムにもポイントがあります。

まず、下地はファンデーション同様にニキビ予防のできるものだとベストです。
そして、コンシーラーはニキビ跡にならないためにもビタミンC誘導体配合のものがおすすめ。

この条件を満たしているおすすめの化粧下地とコンシーラーがこちら。

dプログラム 薬用 スキンケアベース CC

dプログラム 薬用 スキンケアベース CC(医薬部外品)

ETVOS ミネラルコンシーラー

ETVOS ミネラルコンシーラー

*ビタミンC誘導体配合

【関連記事】
→dプログラムのCCを顔ラブで実際に使用したレビューも掲載してます!

ニキビやニキビ跡を隠したい時に使う化粧下地とは?

2018.11.13

隠すことばかり考えないでスキンケアにも注目!

隠すことばかり考えないでスキンケアにも注目!
ニキビがあるときは真っ先にメイクで隠さなきゃ!と思いがちです。
しかし、そのままだとニキビはまったく良くなりませんよね。

やっぱりスキンケアもとても大事です。

大人ニキビと10代の思春期ニキビでは対策が違ってきます。
自身に必要なケアをぜひ今日から取り入れてみてください。

大人ニキビのケア
  1. 悪化する原因になるので、極端にオイリーなスキンケアは使わない
  2. 食事や生活面を見直す

《具体的には》
1:睡眠をしっかりとる
2:サプリでビタミン補給(ビタミンB2・B6)
3:甘いものや脂っこいものを食べ過ぎない
4:食材からビタミンを摂る

以下、おすすめ食材は積極的に
緑黄色野菜・うなぎ
食物繊維・かぼちゃ
フルーツ(ビタミンC)・納豆

思春期ニキビのケア
  1. 「メイクの厚塗り」「髪で隠す」は悪化する可能性があるのでNG
  2. しっかり洗顔する
  3. オイルカットスキンケアを使う

思春期ニキビのケアは、オイルカットのスキンケがおすすめです。

思春期ニキビも大人ニキビでも、以下のような化粧品を使ってケアするのがおすすめです。

大人ニキビにも思春期ニキビにもおすすめのスキンケア

dプログラム アクネケアセット

dプログラム アクネケアセット

ETVOS バランシングライン

ETVOS バランシングライン

メイクで隠すだけではなく、スキンケアからしっかりとケアをして、ニキビと上手に付き合うことも大切です。
根本をなくさないことには、メイクも楽しくありませんからね。

スキンケアからもニキビ対策していきましょう!

[ review ] dプログラムファンデの使い心地

[ review ] dプログラムファンデの使い心地
dプログラムの薬用ベースメイクが販売された時から気になっていたファンデーション♪
YouTuberさんなんかもおすすめしている動画を見ていたので、顔ラブでも実際に使ってみたレビューをまとめてみました。

まず、使い心地は軽い!
ふわっと肌にのる感じがとてもいいです♪

パフでも軽くのるんですが、ブラシを使うともっと綺麗に肌にのってナチュラルな仕上がりになり、とてもいいです♪

パフって上手に使えないんです‥という方は、間違いなくブラシがおすすめですね!
(私もよくある付属のパフではベースメイクはムラになりがちなので苦手なんです;)

同じ薬用ベースメイクのCC(ピンク)と一緒に使ってみましたが、どちらも使いやすくて良かったです。
→dプログラム 薬用 スキンケアベース CCのレビューはこちらから

私は肌が明るい方なので、オークル00を使用しました。
パウダーみたいに使えるファンデーションだなと感じたので、カバー力が足りない方はコンシーラーをプラスしたり、中にBBクリームや日焼け止めを塗ったとしても、厚塗り感が出ない質感だと思いました。

これはとても使いやすかったです♪

ニキビに悩んでいる方は、とにかく厚塗り感を出してしまうと、ニキビ隠しメイクとしては失敗!なんです。
カバーしたいところだけをCCでカラーコントロールしたり、コンシーラーでカバーする必要はありますが、それ以外のところも厚塗りになってしまってしまうと、悲惨なことになりますよね;

なので、その点を考慮してもdプログラム 薬用 スキンケアファンデーションは厚塗りになる心配がないファンデーションなので、とてもおすすめだと思いました!

→ニキビがあっても使える「dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション」はwatashi+で!今ならプレゼント付き!

口コミ

dプログラムのファンデーションを使ったことがる方の口コミもリサーチしてみました。
たくさんの方の感想を聞くと参考になると思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

Tさん 30代
化粧崩れしにくいです!
時間の経過とともに肌がしっとりしてきます。
悩みだった乾燥肌による肌の毛羽立ちも目立たなくなりました。
Cさん 40代
dプロの新しくなったファンデーションを使ってみると、肌に優しくて、しかもぴったり密着するので化粧崩れもなく、本当に素晴らしいです。
Hさん
ふんわり軽い質感。
今までリキッドを使っていましたが、ネットで見て気になって購入。
Tゾーンは皮脂が多く、頬は乾燥気味な混合肌で、リキッドでないとと思っていましたが、スッと滑らせるようにつけると、ふんわりと自然に馴染んで、リキッドとはまた違う良さに満足しています。

やはり皆さん、軽さに注目しているようですね!
私もこの点は、良いところだと思いました!

*口コミはwatashi+から参照

まとめ

ニキビができてしまうとメイクに悩むことって女性なら誰でも1度は経験するんじゃないかと思います。

ニキビがあるとメイクしても良いのかな?
いつものコスメ使っても大丈夫かな?
と、悩んでしまいますよね。

今回の記事でその悩みは解決できたんではないでしょうか?

ニキビ対策がしてあるdプログラムのようなファンデーションやCCなどがあるなら、積極的に使うべきです!
その肌、ニキビがあるままでいいわけありませんよね!

自分の肌に必要なものを賢く選択して、もっと綺麗になっていきましょう♪
ニキビなんかに負けてたまるかー!

→ニキビがあっても使える「dプログラム 薬用 スキンケアファンデーション」はwatashi+で!今ならプレゼント付き!

 
米肌トライアルセット

お気に入りをシェア