あなたはどのくらい知っていますか?意外と知らない「オーガニック化粧品」について

あなたはどのくらい知っていますか?意外と知らない「オーガニック化粧品」について

オーガニック化粧品ってなんだか良さそう。
肌にいいのかな?使ってみようかなと思っているあなた。
オーガニック化粧品、どのくらい知っていますか?
ブームが続いているオーガニック化粧品ですが、実は誤解されていることがたくさんあります。

オーガニック化粧品に興味を持っている方はオーガニック化粧品への理解を持ち、正しく選ぶコツをマスターしましょう!

オーガニック化粧品とは?

オーガニック化粧品とは?
オーガニック化粧品とは、肥料や農薬などの化学合成成分が使用されないで栽培された有機素材で作られた化粧品のことを指します。

オーガニック=有機。一般的には化学肥料に頼らずに作物を作る農法のことを言い、オーガニックで作られた植物は活性が増すので、そこから抽出された成分はとてもパワフルなんです。

天然由来の成分というと、マイルドなイメージを持つかと思いますが、その効きはよく、肌が弱い人が使用すると刺激に負け、肌トラブルを起こすこともあります。

肌にやさしい?

オーガニック化粧品は、肌に刺激となりやすい化学物質が含まれていないため、肌に優しいとされているものが多いです。
肌本来の力を引き出すことを目的に作られており、肌に優しいとアピールするものが多いですが、先ほど紹介したように肌が弱い人は刺激に負けてしまう可能性もあります。

敏感肌の人でも肌荒れや乾燥の心配が少なく使用できるオーガニック化粧品ですが、肌が弱い人は自分に合うものを見極めて使用する必要があります。

無添加、自然派、天然由来とオーガニックの違いは何か

オーガニック化粧品で一番誤解されやすいのが「無添加」と「自然派」と「天然由来」
この3つはオーガニックとは違います。

え!?と思う方も多いですよね。
肌に優しくないというわけではありませんが、1つ1つの意味は全く異なるものなんです。

無添加 防腐剤や合成系の界面活性剤、鉱物油、着色料、香料などの添加物が入っていないこと
自然派、天然由来
植物や動物、海泥といった自然界にある天然由来の原料を多く配合した化粧品のこと。
天然の素材を加工して精製してしているもののことを指します。
オーガニック 肥料や農薬などの化学合成成分が使用されないで栽培された有機素材で作られた化粧品のこと

自然派、天然由来の化粧品のことを「ナチュラルコスメ」と呼んだりしますが、オーガニックもこのナチュラルコスメに含まれます。
店頭で「ナチュラルコスメ」とあっても、全部オーガニックだとは限らないということです。

「天然」という言葉は肌にいいという誤解をまずやめる

天然のものを使用しているから肌に良さそう。
自然のものだから大丈夫だよ!と、思われがちですが、はたしてそうでしょうか?
そもそも私たちが想像しているような”天然”のものが実際に使われていると断言できますか?

何が含まれているのか、どのくらい含まれているのか。
化粧品に配合されている”天然”のものの正体を知る必要があります。

なぜなら、天然のものが全ての人の肌に合うかといえばそうではありませんよね。
例えば夏に海に行くとして、海に入る人が大半の中、一方で海水がアレルギーでは入れない人もいます。

アレルギーを持っている人は、オーガニック化粧品だから自分にも使えるだろうと闇雲になんでも手を出してしまうのはかえって危険です。

オーガニック化粧品の魅力とは?

オーガニック化粧品は怖いものではありません。
選び方や自分に合うものがわかれば、長く愛用する人も多いほど人気があります。

まず、オーガニック化粧品のメリットがこちら
  1. 肌本来の力を引き出す
  2. リラックス効果が期待できる
  3. 効き目がパワフル
  4. 化学成分が入っていない
  5. 環境に優しい
  6. 香りがナチュラル

オーガニック化粧品は、肌本来の力を引き出してケアをするものを目的に作られている化粧品が多いです。
またリラックス効果にも期待できます。

オーガニックで作られた植物から抽出された成分はとてもパワフルなので、効き目もパワフルです。
これが刺激に感じる方もいるので要注意ですが、自分の肌に合うものが見つかれば、自分の肌本来の力が引き出され、美しい肌を目指すケアにはとても役立つ化粧品になり、長年付き合える化粧品へとなりえます。

オーガニック化粧品はどう選ぶ?

オーガニック化粧品はどう選ぶ?
「オーガニック化粧品とは」が、少しわかったところで、次は選び方です。
自分に合うものはどれか?
どうやってオーガニック化粧品を選んでいけばいいのかを紹介します。

オーガニック化粧品を選ぶ上で大事なポイントが次の2点です。
  1. 体質にあわせて選ぶ
  2. オーダーメイド化粧品を検討する

まずは自分の体質を考えましょう。
例えば、大豆アレルギーの人が大豆成分が配合されているものを使用してしまった場合、アレルギー反応が出ることがあります。
そのため、オーガニック化粧品に自分の持っているアレルギーの成分が配合されていないかをまずは確認。
肌との相性は一番大事なので、成分確認は必須です。

オーダーメイド化粧品は少し敷居が高いかもしれませんが、使う人の肌質に合わせて化粧品の成分を配合してもらえるので、スキンケアには最適です。
症状の重いアレルギーを持っている人にとっては、自分にとって危険な成分を入れずに調合してもらえるという利点は大きいと思います。

体質に合うものを選ぶか、オーダーメイドのものを使うかが選ぶポイントですが、なかなか悩みますよね。
特にアレルギーが分かっているわけでもないから、オーダーメイドは早いかなと思っている方は、トライアルセットから初めてみるか、店頭で販売しているものであれば、パッチテストで肌との相性を必ず確かめてからオーガニック化粧品にチャレンジしてくださいね。

認証を受けているのかも念のためチェック!

日本には実はオーガニック化粧品の規制が特にありません。
なので、オーガニック化粧品が認証を受けているかのチェックをしたりしますが、これも認証を受けているからといって肌への安全を保障するものではないので注意が必要です。

では認証を受けていると何が違うのか。
認証を受けるためには、毎年更新が必要になるようです。
そのため、認証を受けているメーカーは毎年更新を行っており、第三者機関から見て「しっかり品質管理されています」とお墨付きをもらっていることになります。

有名なものにエコサートやコスメビオといった認証制度がありますが、これらはあくまでも植物の栽培方法に対するもの。
たとえ認証を受けたオーガニック原料でも、化学的な処理が施されていたりする場合もあります。
日本では規制がないため、少しでもオーガニック成分が入って入れば、オーガニック化粧品ですと言えちゃうんです。

ちなみに世界のオーガニック認証機関はこのようなものがあります。
興味のある方は、下の表をチェックしてみてください。

世界のオーガニック認証機関名 紹介文(公式サイトなどからの引用文)
ECOCERT
(エコサート)
ECOCERT はフランスのトゥールーズを本部とする国際有機認証機関です。1991年に設立以来、現在では世界各地に23の支社を置き、80ヶ国以上にて農産物をはじめ、加工食品、畜産物、化粧品、コットン、その他様々な有機認証を提供しております。
ACO ACO(Australian Certified Organic)はオーストラリアで最大のオーガニック認定機関であり、AQIS(オーストラリア検疫機関)、IFOAM(国際基準)、有機JAS,NOP (米国有機基準)、COR(カナダ有機基準)で登録されており、世界でも信頼性の高いオーガニック認定を行っている機関です。
USDA USDAはUnited States Department of Agricultureの略であり、アメリカの農務省のこと。日本の農林水産省にあたる、米国政府機関です。USDAでは農産物や食料品などをメインにオーガニック認証を行っており、世界でもっとも厳しい認証といわれています。
BDIH 2000年にドイツで発足した医薬品・化粧品商工業企業連盟。 ナチュラル志向やエコロジー志向の先進国であるドイツでは、早い時期から「エコ」や「ナチュラル」関連商品が、大きなマーケットを占めるようになりました。徐々に不完全な自然派化粧品の中にも、ナチュラルコスメを謳う商品が多く見られるようになったため、自社製品の成分や製法など、ナチュラルさに自信を持つメーカーやブランドが集まり、作り出されたオーガニックコスメ・ガイドラインがBDIHです。
demeter(デメター)
「demeter(デメター)」は、 2001年に発足したドイツのオーガニック認定機関。オーガニック認証の質を保証する「IFOAM」にも加盟しています。
ドイツのオーガニック農産物&食品の連盟。1924年ベルリンにて発足しました。
eco control 2008年ドイツで発足した、オーガニックコスメ認証団体。既にある認証機関であるBDIHよりも、厳格なガイドラインを作ろうという意図で始まった団体です。 品質基準や安全性だけではなく、フェアトレードや持続可能性など、より広い基準設けられています。化粧品認定においては、「効果が皮膚科学的に確証されている」という独特の項目があります。
SoCert イタリアのQC&Iという農産物のオーガニック認証機関を母体としています。化粧品の他にも、食品や洗剤なども対象としています。フランスのECOCERT(エコサート)をモデルとして作られたそうですが、その基準はECOCERT(エコサート)よりも厳しく多岐にわたる事で知られています。 現在では、イタリアのスタンダードになりつつあります。
Soil Association SOIL ASSOCIATIONとは、イギリスのオーガニック認証機関。1946年「健康な土壌が健康な植物を育み、それが健康な体を生んでいく」という基本理念をもとに英国土壌協会として設立。本部は、英国のブリストル。設立から60年を超えた今、イギリスのオーガニック製品の約80%がソイル・アソシエーションの認定を受けています。ECの一般的なオーガニック基準よりも項目が細かく、多岐にわたっていて、1つ1つの項目自体も厳しく、審査が厳しい事でも有名な団体です。

オーガニック基準をチェックするには

オーガニックの基準をチェックするには、海外のオーガニックコスメの一般的な定義を掲げているかで判断していく方法もあります。

海外のオーガニックコスメとしての定義として、一般的なのが次の3つ

  • 植物由来の原料のうち50%〜90%がオーガニック栽培
  • 石油由来成分の排除
  • 遺伝子組み換えを行った植物原料不使用

メーカーが「オーガニック定義」として、紹介した海外の一般的なオーガニック定義を掲げていれば、信頼性は高いと思われます。

オーガニック化粧品を使用するときの注意点

オーガニック化粧品を使用するときの注意点
オーガニック化粧品を使用する時は、注意しておきたい点があります。
使い方の注意点は化粧品の種類や商品によって異なりますので、商品ごとの使い方を守って使用してください。
まずはオーガニック化粧品全体の注意点をしっかりとおさえておきましょう。

オーガニックの注意点は、オーガニック化粧品の短所を知っておくと無意識にでも注意して使用することができると思いますので、まずはオーガニックの短所について知っておきましょう。

オーガニック化粧品の短所
  • 保存がきかない
  • テクスチャーが使いづらいことがある
  • 刺激が強いことも

この短所の中で注目したいのが”保存がきかない”という点。
オーガニック化粧品は一般的な化粧品よりも使用期間が短いものが多いです。
そのため、使用期間が商品に掲載されているはずなので、その使用期間を守るように心がけましょう。

また、容器の蓋をしっかりとしめ直射日光や高温多湿を避けて保管することも忘れずに!
オーガニック化粧品を使う際は、使用期間と保管方法に注意です。

普段のメイクも見直す

基礎化粧品を全てオーガニックに切り替えようかなと思っている方は、メイクにも要注意!
今までメイクが濃い方が、そのままそのメイクをこれからもしていくのはちょっとストップです。

基礎化粧品をオーガニックにしようと検討している方は、肌に気を使っていますよね。
なのでまず肌を第一に考えて、メイクを控えめにするなどの対策が必要です。
オーガニック化粧品のクレンジングの洗浄力はそれほど強くないため、メイク汚れが肌に残ってしまうと肌トラブルを招きかねません。
メイクによる色素沈着にも心配が残ります。

オーガニック化粧品を検討している方、日頃のメイクも考慮した上でオーガニック化粧品を検討してみてください。

オーガニックなスキンケアやコスメはどんな種類があるのか

スキンケア
クレンジング
洗顔料
化粧水
クリーム
乳液
オイル など
メイク
化粧下地
パウダー
アイシャドウ など

人気の高いオーガニック化粧品は、全てオーガニック化粧品に変えてしまうこともできそうなくらい種類が豊富です。
オーガニック化粧品がどんなものか、すでに理解できたあなたならきっとお気に入りのオーガニック化粧品に出会えると思います。

おすすめスキンケア&コスメ

顔ラブでおすすめするオーガニック化粧品をいくつか紹介したいと思います。
紹介したもの以外にもオーガニック化粧品はたくさん存在しますので、自分にあったものを探してみてくださいね。
参考程度にしてもらえば幸いです。

スキンケア部門
琉白~るはく~

琉白~るはく~
HANAオーガニック

HANAオーガニック (モイスチャー)
メイク部門

肌に合うか確認していますか?

肌に合うか確認していますか?
オーガニック化粧品のことを知って、慣れてくると忘れがちなのが自分の肌で試すこと。
1つ1つ成分が違うので、慣れてきたからと気を抜かないようにしてくださいね。

オーガニック化粧品は、なるべく自然に近い形で天然由来の成分が配合されていますので、
肌に合うかどうかは使用する人で変わるということを忘れずに。

口コミなどで、なんだか良さそうだからと、チャレンジしてみることはいいことですが、オーガニックだから誰の肌にも合うというわけではないことを、忘れないようにしましょう。
肌に合うかどうかをまずは確認してみて。

まとめ

オーガニック化粧品は正しく理解して使用しないと肌トラブルになる危険もありますが、理解して自分の肌に合うものがわかれば、強い味方になってくれる化粧品だと思います。

環境にも優しく、化学成分が入っていないナチュラルコスメのブームが続いているのにも納得です。
自分に合う化粧品を見つけるまでが大変だと思いますが、オーガニックのものにこだわりたい!という方は、ぜひこの記事で得た情報からお気に入りの化粧品を見つけられることを願っています。

顔ラブではこれからも皆さまのお役に立てるような情報配をしていきたいと思います!
自分の顔がもっと好きになれるよう、スキンケア一緒に頑張りましょうね♪

 
ヒアロディープパッチ
あなたはどのくらい知っていますか?意外と知らない「オーガニック化粧品」について

お気に入りをシェア