【30代で選びたいスキンケア】30代で知っておきたいスキンケアのポイントと選び方

【30代で選びたいスキンケア】30代で知っておきたいスキンケアのポイントと選び方

30代になって肌荒れが増えてきた、今まで使ってた化粧品が合わなくなってきたという方、20代に使っていた化粧品にさよならを告げ、これからは30代の肌にあった化粧品を使っていきましょう!

歳を気にしてスキンケアを選ぶなんて、なんだか老けたのを認めるみたい‥なんて思わないでくださいね!
30歳からのスキンケアの選び方で、40代になっても50代になっても若々しく生き生きとした肌でいられるかに差が出てくるんです。

20代のピチピチの肌でないことは嫌でも実感させられる時期だと思います。。
だからこそ!これからは将来の肌に目を向けて化粧品を選んでいきましょう。
今回は30代で選びたいスキンケアやスキンケアのポイントを紹介します。

20代後半の方もなんだか今までの化粧品が肌に合わないと思い始めたら切り替えどきです。
一足早く取り組めば、それだけ肌にいいことが早めにできるということなので、一緒に30代で使いたい化粧品の選び方やスキンケアのポイントをおさえていきましょう♪

【30代で選びたいスキンケア】を今すぐ知りたいからはこちらから

30代に必要なスキンケア

これからも肌を生き生きと美しく保つために、まず知っておきたいことは、30代の肌にはどんなスキンケアが必要なのかということです。

30代の肌にはどんなことがおきていくのかを知っていれば、スキンケアのポイントがわかってきます。

30代の肌の特徴

30代の肌の特徴
30代は仕事や結婚や出産など、生活のリズムやホルモンバランスが変化する年代です。
保湿力が衰え、乾燥が原因のトラブルが起きやすくなります。
30代に多い肌トラブルは「シワ」や「シミ」が多いです。

言葉は悪いですが、30代は初期老化が始まります。
この時にエイジングケアをスタートする方も多く、実際のところエイジングケアを始める方は、30代に現れやすいシミやシワを見つけて始める方が多いです。

しかし、ベストなタイミングはシミやシワを見つける前の段階で始めること。
今は特に気になる肌トラブルがなかったとしても、早い段階から初めておくのが得策です。

では30代ではどんな化粧品を使えばしっかりとケアができるのか。
30代ではどんな化粧品を選べばいいのか、化粧品を選ぶときの選び方を紹介していきたいと思います。

30代で選びたいスキンケアの選び方

30代で選びたいスキンケア化粧品は、まず30代の肌の特徴にもあった肌の『乾燥』をしっかりとケアできるものを選んでいきます。
そして次に大事なのが、次の4点を踏まえた上で化粧品を選んでいきましょう。

  1. 自分の肌質
  2. 肌悩み
  3. コスト面
  4. エイジングケア

スキンケアは、しっかりと乾燥から肌を守るだけでいいというわけではありませんよね。
一人一人肌質が違うので、それぞれにあった化粧品を選んでいく上で、紹介した4つを考慮して化粧品を選んでケアしていく必要があります。

では、それぞれどういったポイントで考えていけばいいのかを紹介していきたいと思います。

1.肌質を考える

まずは自分の肌質を考えて選んでいきます。
化粧品を選ぶ際は、肌質はなんとなくわかっていればOK!

でも自分の肌質がどれか判断したい!という方は肌質をチェックできるように詳しくまとめたページがありますので、そちらをご覧ください。

肌改善をしたいなら、まずは自分の肌質を知ろう!

肌改善をしたいなら、まずは自分の肌質を知ろう!

2016.8.23
乾燥肌だったり、敏感肌だったり、オイリー肌だったりと、肌質が極端な特徴を持っている方は、化粧品を選ぶ時に肌質は大事になってきますので注意しましょう。

特にそうでない方は季節によって肌の調子が変わってきますよね。
乾燥気味なのか、テカリ気味なのか。
普段感じている肌の状態を考慮して選んでいきましょう。

2.肌悩みに合わせる

次に考えるのは、自分の肌が抱えている肌悩みです。
肌質の際にも出てきましたが、刺激を感じやすい敏感肌の方だったり、ニキビが気になる方などは、今抱えている自分の肌悩みを考慮して選んでいきましょう。

化粧品を選ぶ際に、例えば30代でニキビが気になる肌の方であれば、大人ニキビに向けて開発された化粧品を選んだり、敏感肌の方であれば敏感肌専用ブランドの化粧品を使うなど、肌悩みに沿って開発された化粧品を選ぶ方がいいでしょう。

3.コスト面

化粧品を選ぶ上でコスト面も考えていく必要があります。
これからの将来を考えると、少し多めに化粧品に使えるお金があったほうがいいのは確かですが、難しい場合もありますよね。

スキンケアは続けていくことがまず大事なので、『最初いいものを使ったからあとは適当なもので良い』なんてことはありません。

しっかりとした成分が配合されていて、30代の肌に不足しているものを補える、かつこの化粧品の価格なら使い続けられるな、という価格のものを選んでいきましょう。

4.エイジングケアは必須!と考える

エイジングケアは30代からは必須です。
年齢とともに肌は衰えてくるというのはなんとなく皆さん認識していると思いますが、30代の頃からセラミドが減少し始めるので、このタイミングで老化を加速させないためにエイジングケアが必要になります。

欲を言えば、エイジングケアはセラミドが減少し始める前の25歳くらいから始めたいところ。
ですので、まだ30代なりたてだから大丈夫♪と余裕を持っている場合ではありませんよ。
30代になったら、すぐにでもエイジングケアのできる化粧品に切り替えましょう。
→【30代で選びたいスキンケア】を今すぐ知りたいからはこちらから

30代の肌ケアのポイント

30代の肌ケアのポイント
30代の肌の化粧品の選び方がわかったところで、次に30代の肌のケアのポイントをいくつか紹介したいと思います。

ここではスキンケアをどう使うのかということではなく、30代の肌にはどんなケアが必要かということを紹介していきたいと思います。

紫外線対策


30代の肌の主なトラブルとして出てくるのが「シミ」です。
30代ではシミに悩まされる前に、しっかりと紫外線対策が必要になります。

20代で紫外線対策を特にしていないという方も多いようですが、紫外線を受けると肌の中に蓄積して一定量に達した時にシミになりますので、シミの悩みを増やしたくない方は紫外線対策は早い段階でしっかりとおこなっていきましょう。

紫外線にはA波とB波があります。
日焼け止めにSPFやPAの表記がありますが「SPF」はB波をカットし、「PA」はA波をカットする役割を持っています。

日焼け止めは30代からは1年中しっかりと使用していきたいアイテムですので、このSPFとPAの度数をシーンごとで選び使っていくことが重要になります。

30代で知っておきたい日焼け止めの選び方

1年中マストで日焼け止めを使用して紫外線対策をしていきますが、年中夏と同じ日差しではないので、日焼け止めは夏に使っていたものをずっと使用する必要はありません。

肌にも負担がかかるので、日差しの強い夏とそうではない季節との使い分けができるようにしておきましょう。
日焼け止めの選び方を知っておくのは30代のスキンケアの第一歩ですよ!

春・秋・冬の日常 夏やアウトドア
SPF‥25
PA‥++
外出は2時間以内で、ほとんど室内で過ごすような日は、上記の度数のものを使用し、こまめに塗り直して使いましょう。
SPF‥40以上
PA…+++
夏の海や山、冬のスキー場など、紫外線をたくさん浴びるシーンでは上記の度数を選び念入りにケアしましょう。

敏感肌さんの場合

敏感肌さんの場合
敏感肌の方は、度数に関係なく肌に刺激を感じてしまうことがあります。
そのため、おすすめなのがノンケミカルのベビー用の日焼け止めです。
テクスチャーはミルクタイプやクリームタイプが多いようです。

敏感肌の方は、まずSPFやPAの度数を見ることよりも、自分の肌に合うものを選びましょう。
日中ずっとつけている日焼け止めで刺激を感じているのに我慢して使っているという方は、絶対にやめましょうね!
肌に合っていないものを使っていると、バリア機能が低下して、どんどん紫外線も入ってくるし、肌トラブルを招くことになりますので、肌に合うものをまず使うようにして、肌を守っていきましょう。

食事

30代からのスキンケアでは、食生活を少し見直して体の内側からも肌を健康にしていく努力を始めていきましょう。
まずはバランスの良い食生活を心がけること。
ただ、バランスの良い食生活といっても何をどうすれば良いのか‥ハードルが高く感じますよね。

そこで1つ基準になるのが、日常で食べている食べ物の色です。
最近食べた食事の色をちょっと思い出してみてください。
赤・白・黄・緑・黒・茶・紫の色の中で、どれくらいの色を食べましたか?
茶色ばっかり食べていませんか?
白いものばかり食べていませんか?

理想は毎食5色くらいの色が入っていると理想的ですが、始めからは難しいと思いますので、なるべくカラフルな食生活ができるように頑張ってみましょう。
カラー別にどんな食材があるのかは詳しく紹介しているページがありますので、時間がある方はこちらも参考にしてみてください。

理想の食事はレインボーカラー! | 顔ラブ

肌にも体にも理想の食事は”レインボーカラー”!

2017.3.13

抗酸化物質を摂る

もう一つ、30代からの食生活で取り入れたいのが、抗酸化物質。
エイジングケアとしても、30代の方には積極的に抗酸化を助ける食材は摂ってほしいものです。
次のような食材をたっぷり摂りましょう。

ビタミンA 豚肉、うなぎ、鳥レバー、にんじん、みかん
ビタミンC アセロラ、いちご、たらこ、パプリカ、ブロッコリー、ゴーヤ
ビタミンE うなぎ、アボカド、アーモンド、ヘーゼルナッツ、かぼちゃ
リコピン トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ
カテキン お茶、りんご、ブルーベリー
亜鉛 牡蠣、牛肉(赤身)、ラム肉、豚レバー、スルメ

30代の食生活アドバイス!

30代の食生活アドバイス!
30代の食生活は、今後将来の肌にも体にも必要なことなので、もう少しだけ詳しく紹介しておきたいと思います。

まず、美肌を作るために必要な3つのステップがあります。
このステップが日頃の自分の生活に当てはまっているか、確認してみましょう。

美肌のための3ステップ

  1. 栄養バランスよく食事をする
  2. 便通がよく、腸内環境が整っている
  3. 体内のすべての臓器に栄養がしっかりと届く

最後のすべての臓器に栄養が届いているかどうかわかる方はいないと思いますが、食事が偏っていないかと、便通が良いかは判断できますよね。
女性は便秘気味な方も多いと思いますが、便秘は身体にとってもお肌にとってもよくありませんので、早めに解決しておきたいものです。

そのためにも、食生活でバランスよく栄養を摂る方法として助けになるものが『酵素』です。
もちろん、食事からバランスよく栄養を摂ることが一番ですが、忙しい方なんかは手軽に飲める酵素ドリンクなんかも取り入れて美肌を目指し、食生活をも改善していきましょう。

酵素を積極的にとる

忙しく、なかなか生の野菜から酵素が摂れないという方は『酵素ドリンク』がおすすめ。
忙しい朝には朝食の代わりとして飲んだり、ご飯を食べながら飲む方法もOK!
「顔ラブ」でも実際に飲んでみてこれは良いと思う酵素を紹介しておきますので、酵素ドリンクを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

優光泉

優光泉

断食専門家が愛発した、完全無添加の酵素ドリンク。
モンドセレクションを2年連続で受賞。ファスティングをしたい方にもおすすめです。

ベルタ酵素

ベルタ酵素

ピーチ味でかなり飲みやすいです。モンドセレクションを2年連続で受賞。
コラーゲンペプチドや馬プラセンタなど美肌に嬉しい栄養がたくさん入っています。

食べ合わせを工夫してみる

食事をするときに、栄養素が相乗効果をもたらす食べ合わせを知っておくと、さらに美肌を目指す上で有利です。
次の5つの食べ合わせを参考に、日頃の食生活に取り入れてみてください。

工夫1
生野菜+脂っこい食べ物油っこい食べ物を食べるときに生野菜を一緒に食べと、野菜の消化酵素が消化を助け、胃もたれなどを防いでくれます。
工夫2
糖質+食物繊維
糖質を食べるときにも、野菜などで食物繊維を合わせて摂りましょう。
野菜などの食物繊維が糖質の吸収を抑えてくれます。
工夫3
糖質+ビタミンB群
ビタミンB群は肌の油を調整する役割があります。
しかし、糖質を摂るとビタミンBは大量に消費されてしまうので、一緒に摂りましょう。
工夫4
コラーゲン+ビタミンC
コラーゲンは細胞のもと。
ビタミンCを合わせて摂ると吸収がよくなるので一緒に食べましょう。
工夫5
鉄分+ビタミンC
生理がある女性は貧血になりがちです。血のめぐりをよくすることで肌にも栄養が運ばれます。
鉄分とビタミンCで対策を。

キレイをプラスする栄養素を意識的に摂ろう!

知っておくと美容と健康に役立つ栄養素を紹介しておきたいと思います。
毎日の食事で取り入れられるとかなりGoodです!

  • 酵素
  • 食物繊維
  • ミネラル
  • 良質な油
  • 乳酸菌
  • ビタミン

栄養素はわかったけど、毎日の食事でこの全部を食事から摂れる献立を考えるのは難しいですよね。
そこで個人的におすすめなのが「ベジパワープラス"”

顔ラブさん(@kaolove.info)がシェアした投稿


私は毎朝これを飲んでます。
とても50代には見えない栄養科学博士オーガスト・ハーゲスハイマーさんがこだわって作った青汁なんですが、苦味もなく飲みやすいのが特徴です。
オーガストさんが書いた本を読んでいて、この商品を見つけて私は飲み始めました。
興味ある方は、本もぜひ読んでみてください。
特に、30代からの食生活を改善したい方や、ダイエットしているのになかなか成果が出ない方にはおすすめです。
もちろん美容にもおすすめの本です。

30代で選びたいスキンケア

30代で知っておきたいスキンケアのポイントをこれまでたくさん紹介してきましたので、みなさんの知識はもうバッチリだと思います。
なので早速、30代ではどんなスキンケア化粧品を使ったらいいのか、30代に選んで使いたい化粧品の紹介をしたいと思います。

30代におすすめな化粧品ブランドは次の4つ

  • DECENCIA
  • FUJIFILM アスタリフト
  • POLA B.A
  • KOSE
30代の肌の特徴から考えて、これから使いたい化粧品としておすすめなブランドは 上記の5つです。
シワやシミ対策、そしてエイジングケアが可能なもので、成分などにもこだわっており、口コミの評価の高いものを厳選させていただきました。

5つも候補があってどうやって選ぶの?と悩みますよね。
この5つはどれも強みが違いますので、自分の肌質に合うもの、自分の肌悩みに合いそうなものを選んでいきましょう。
それでは一つ一つ詳しくご紹介していきたいと思います。

DECENCIA アヤナス

DECENCIA アヤナス

DECENCIAは敏感肌専用ブランドです。
刺激が気になる方、敏感肌になってきているような気がする方はDECENCIAがおすすめです。
また、乾燥が気になる方やエイジングケアをこれから始めようと思う方にもぴったりです。
敏感肌専用ブランドといっても、しっかりと成分は配合されていて、敏感肌以外の方でも使用できます。
保湿力が高く、化粧水は少しとろみのあるテクスチャーでリッチな使い心地の化粧品です。

DECENCIA サエル

DECENCIA サエル

DECENCIAのサエルは敏感肌のケアでも美白のケアをしたい!という方向けに開発された化粧品です。
シミが気になり始める30代の肌にはぴったりの化粧品ですが、アヤナスよりもテクスチャーがさらっとしており、軽めの使い心地が特徴です。
しっかりとした保湿力を求めるのであればアヤナスの方が合っていると思います。
シミ対策を考えている方であればサエルはぴったりです。
サエルも敏感肌向けに開発されていますが、敏感肌でない方でも使えますよ♪
もし今までに他の美白ケア化粧品を使ったことがある方で、刺激が気になって使えなかったという方は、サエルはおすすめです。
敏感肌に合うように作られていますので、刺激は気にならないと思います。

アスタリフト

アスタリフト モイストローション

2つの赤い力「アスタキサンチン」と「リコピン」が富士フィルムのナノ技術によってしっかりと肌の角層まで成分を届け、ハリとうるおいを与えます。
また、富士フィルムはコラーゲンの研究に力を入れている会社でもあり、エイジングケアに欠かせないコラーゲンを3種配合。
保湿成分も「Wヒト型ナノセラミド」を配合しており、美肌成分が贅沢に配合されています。
アスタリフトはよくテレビCMで芸能人の方が出ているイメージがありますが、使うたびにあんな綺麗な女優さんみたいな肌になれたらいいなぁと、つくづく思います。

B.A

B.A

POLA最高峰のブランドB.Aにはポーラの美容研究の技術がたくさん詰め込まれています。
ポーラB.Aの研究技術には、肌自らに備わっている「自称サイクル」に着目し、肌が生まれ変わるサイクルを停滞させる原因を発見し、停滞するとゴワつきやしぼんだ印象になる肌を正常な肌に保つための技術と成分が配合されています。

また、肌にダメージを与えるのは紫外線だけでなく近赤外線にも要因があることに着目し、近赤外線をもカットし、うるおいやハリを保つように開発されています。
その他にも様々な肌の研究結果から、うるおいとハリを与え、肌を整えるための技術と成分が配合されており、高級ラインに見合うだけの化粧品と言えます。

コスト面だけで見ると他のものよりも高級ですが、一つ上の本物を使いたいという方、よりエイジングケアに力を入れたい方向けです。

KOSE 米肌

KOSE 米肌

セラミドを生み出す*「ライスパワーNo.11」が肌の乾燥を防ぎ、自らうるおいを作り出す肌を目指すために開発されたのが『KOSEの米肌』
*生み出すというのは、医薬部外品の効能として
ライスパワーNo.11は医薬部外品効能として、皮膚の水分保持能という肌の水分を保つ力が改善すると認められた唯一の成分で、30代以上の大人の肌に必要なうるおいの力を高めてくれる成分なんです。

米肌には他にも復活草の一つである「グリコシルトレハロース」という植物の力で、空気中の水分までも取り込み、角層内の保湿力をサポートする成分が配合されています。

また、石油系界面活性剤や香料、鉱物油などの添加物も不使用な低刺激処方の化粧品です。
乾燥がかなり気になっている方に、特におすすめの化粧品です。

【大人ニキビ】に悩んでいる方はコレ

30代の時に選びたい化粧品では主にエイジングケアやシミのケアができるもの、また乾燥しやすい30代の肌に合わせたものをご紹介しました。
しかし、ニキビに悩んでいる方はちょっとストップ。

30代でもニキビの悩みのある方は、大人ニキビケアのできる化粧品をまずは使用してみた方がいいと思います。
大人ニキビのケアを目的として作られている、次の2つがおすすめです。

ラ・ミューテ

ラ・ミューテ

大人ニキビができる要因となる女性ホルモンの働きに注目して作られているので、大人ニキビの対策ケアに必要な成分が配合されています。
『熟成ダマスクローズ』と『ナノ保湿成分』が配合されており、肌本来の機能を高めるためにも開発されています。

アクポレス

アクポレス

大人ニキビにも乾燥にも、どちらのケアにも必要な成分が配合されているライフフォースのニキビケア「アクポレス」
角質ケア+皮脂ケア+保湿ケアで大人ニキビをケアしていきます。ライスパワーNo.11エキスも配合されており、低刺激処方の化粧品です。

【毛穴】に悩んでいる方はコレ

30代で選びたいおすすめのスキンケアでも毛穴ケアはできますが、特に肌悩みの中でも毛穴が気になり、毛穴のケアに特化した化粧品を使いたい!という方は次の2点がおすすめです。

シーバムコントロールVCローションⅡ

ビタミンC誘導体配合の化粧品 | シーバムコントロールVCローション

次世代のビタミンC誘導体と言われる成分が配合。毛穴の開きが気になる方にはもちろんおすすめですが、そのほかにも大人ニキビのケアにもおすすめ。シミ・たるみ・くすみなどのエイジングサインへのケアも同時ケアできる優れものです。

b.glen(ビーグレン)
毛穴ケア

b.glen(ビーグレン) 毛穴ケア

毛穴の悩み「開き」「つまり」「黒ずみ」「テカリ」のすべての悩みにアプローチするために開発されたトライアルセットです。
クレイ洗顔で毛穴の汚れを洗い流し、独自の浸透テクノロジー『QuSome』で肌本来の機能に働きかけて、肌の密度を高めます。
30代に必要なエイジングケアのできる成分も美容液に配合されています。

忙しくてスキンケアをする時間がない方は “オールインワン”

スキンケアにかける時間やお金の余裕がない方などは、オールインワンでケアをするという手もあります。

しかし、オールインワンならなんでもいいというわけではありません。
しっかりとした成分が配合されており、使い心地のいいテクスチャーのものがおすすめです。
そこでおすすめなのが『トリニティーライン』

トリニティーライン

“トリニティーライン"

化粧水、美容液、乳液、クリーム、下地の5つの役割が1本になった、年齢肌のためのオールインワンジェル。 セラミドをたっぷり補うために、美容成分が高濃度に配合されています。
無香料、無着色、アルコールやパラベン不使用なので肌にやさしい化粧品です。
敏感肌の方でも使えるよう開発されています。

プチプラ

プチプラ商品は30代からちゃんとスキンケアをしよう!と思っている方にはあまりお勧めではありません。
プチプラの商品は値段がお手頃なので買いやすいですが、有効成分が少ないものが多く、乾燥しやすくシワに悩まされる30代の肌には不向きです。
歳を重ねても若々しい肌でいたいと考えているのなら、肌のためにスキンケアにお金をかけれるようシフトしてみる方が、後々賢い選択だったと思えるはずです。

30代からは肌悩みに合わせた美容液やクリームもプラスしよう

30代からは主な肌トラブルとして、シミやシワに悩まされるようになっていきます。
そんな30代にはしっかりとケアできる美容液やクリームをきちんと選び、日頃のスキンケアにプラスしていきましょう。

美容液

ニキビ】の悩みには次のものがおすすめです。

パルクレール

パルクレール美容液

エイジングケア】におすすめ

B.Aセラムレブアップ

B.Aセラムレブアップ

【毛穴】の悩みには

美肌のために「睡眠」も大事にしよう

生活習慣(睡眠)
30代でも大事ですが、美肌のために「睡眠」は誰しもが必要なスキンケアです。
十分な睡眠は肌再生に関わるホルモンにも関係したり、ターンオーバーにも影響が出ます。

よく眠れていないと次のようなことが起こります

  • 深い眠りができず、成長ホルモンが出ない(ターンオーバーが乱れる)
  • 腸が動かず、便秘になる
  • くすみ、乾燥、シワ・シミの原因に
肌をキレイに保ちたい、肌トラブルを改善させたいと思うなら、十分な睡眠はとても大事なことなので、毎日しっかり眠ることも忘れないようにしましょうね。

まとめ

30代にどんな化粧品を使うかで40代の頃はっきりと差が出てきはじめます。
40代でも50代でも自分の肌を素敵に輝かせ、自分の顔が好きでいられるような肌でいるためにも、30代のスキンケアは大事にしましょう。

 
パルクレール美容液
【30代で選びたいスキンケア】30代で知っておきたいスキンケアのポイントと選び方

お気に入りをシェア